「あらすじで味わう外国文学」の感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

一文字一文字、物語の世界に沈んでいけるのは、しあわせなことです。

これは、外国の文学作品をほぼ3ページで紹介した本です。

あらすじで味わう外国文学

どんなに長編の作品も3ページで紹介されています。

『戦争と平和』も『カラマーゾフの兄弟』も。

飽きっぽいぼくには、ありがたいことです。

スポンサーリンク

一口サイズの文学

この本はぼくにとって、いろんな木の実がなった魔法の木みたいなものです。

あっちの実をかじったり、こっちの実をかじったり。

いろんな味を一口サイズで味わえます。

木の上に寝転んで

ぼくはのどかな暖かい日に、ふとい木の枝に寝転んでまどろみながら、好きなだけ木の実を食べるんです。

イギリス文学、アメリカ文学、フランス文学。

いろんな味の木の実です。

飽きたらすぐに別の味に手を伸ばします。

ぜいたくなまどろみを堪能しながら、ぼくはいつの間にか眠っています。

この本には、そんなしあわせがあります。

あらすじで味わう外国文学

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする