MRI検査が怖いからゴミ箱をかぶって練習

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

なんと! こんどMRI検査を受けます。

先日から歯が痛い歯が痛いと言っていますが、その関係で検査することになりました。

ドキドキ。。。

検査の予約のとき「狭いところは怖くないですか?」と聞かれました。

べつに閉所恐怖症ではないので「だいじょうぶです」と答えました。

でも…

なんか、怖いですね。オロオロ。

スポンサーリンク

ベッドの下に頭を突っ込む

予行演習をしてみることにします。

ベッドの下に頭を突っ込むんです。

まず、ベッドの下をダスキンできれいにします。

そして、おもむろに仰向けになり

背中で器用にずり動きながら、頭をベッドの下へ

入りました。

目の前はベッドの床板です。

うむ。怖くない。

目から板までの距離は20センチほどでしょうか。

もうちょっと狭めてみます。

こんなときに便利なのが、下敷きです。

あらかじめ用意していた下敷きを、顔の前に入れます。

(※中1のときに買ったラピュタの下敷きです。)

目から下敷きまでの距離、10センチくらい。

閉塞感が増しました。

しょせんベッドの下という安心感があるので、怖くないです。

しかも、

ベッドの下に入っているのは頭のみで、体は全部出ていますからね。

怖くないです。

この姿を家族に目撃されることのほうが怖いです。

さて。

ベッドの試練をクリアしたぼくは、つぎの試練に立ち向かいます。

ゴミ箱をかぶる

ゴミ箱の中のビニール袋を出して…

ゴミ箱をかぶりました。

うむ。

べつに。

怖くはないです。

ふさがっているのは頭だけで、体はフリーですから。

ただ、

ゴミ箱をかぶっているわけですから、さっきと比べて…

家族に目撃された場合の恐怖は倍増しました。

それに、

目撃したほうの恐怖も、計り知れないものがあると思います。

スポンサーリンク

寝不足で行こう

今回の予行演習では体が自由でしたから、あまり怖くありませんでした。

本番は、ちがいますもんね。

このバカげた予行演習を思い出して気を紛らわせることにします。

あと、寝不足でいきます。

できれば寝ちゃいたいなぁ。

ぶじに終わりますように!

つづく

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ