ニンニクなしで美味しいギョーザをつくる(フレンチの手法)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

2月27日の『ズムサタ』(ズームイン・サタデー)でギョーザの特集をやっていました。

その中で、ニンニクなしで美味しい餃子をつくる方法が紹介されていました。

フランスのパリでは、ワインとギョーザを楽しむ「ギョーザ・バー」が人気なんだそうです。

そのスタイルを取り入れたお店が日本にあります。ミシュランひとつ星シェフがオーナーをつとめるお店です。

スポンサーリンク

オニオンスープグラタンギョーザ

そのお店のメニューに「オニオンスープグラタンギョーザ」があります。

このギョーザがニンニクなしでも美味しい秘密は…

「干しシイタケ」なんだそうです。

干しシイタケ

キノコ類は乾燥させると、味が凝縮されて風味が増すそうです。

それを豚ひき肉やネギ、キャベツ、ニラとともに餡に加えることで美味しくなるといいます。

ニンニクが入っていなくて、匂いが気にならないので、女性に一番人気のメニューみたいですよ。

感想

これはフレンチとギョーザ(中華)の組み合わせですね。

ファミレスのドリンクバーの飲み物を組み合わせて、さらに美味しい飲み物をつくる話でも感じましたけど、すでにあるものを組み合わせて化学反応させていく才能が、最近見てて気持ちいいですね。(家事えもんのかけ算レシピとか)

ガリガリくんのいろんな味のレパートリーなんかも、まさにそうですよね。ナポリタン味は大赤字だったようですけど、それも一つの伝説。いま逆に食べてみたい人が多いんじゃないかな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする