ネタバレ全開 まんが「信長協奏曲」1巻の感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

今さらながら、かの有名なマンガ『信長協奏曲』の1巻の感想を書いてみます。

信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

感想を思いきりかくために、ネタバレ全開でいきます。

どうかご了承ください。

では、

ネタバレを、

はじめますね。

スポンサーリンク

どんな話?

高校生が戦国時代にタイムスリップして、織田信長として生きる話です。

見どころ

見どころはいっぱいありますけど、ひとつ挙げるとしたら、平手政秀の死です。

このあたりの話のつくり方、すごくカッコいいです。

ところで、平手政秀って誰?ですよね。

平手のじぃ

平手政秀は、織田家の家老です。

じぃです。

織田信長のおもり係であり、教育係であり、一種の後見役のような存在です。

信長にとっては、小さい頃から面倒をみてもらってきた、大切な存在です。

史実では自害した

平手政秀は、史実では自害しました。

理由

彼が自害した理由は…

信長があまりにうつけ(バカ)だったからです。

「少しはまともな大人になってくださいよぉ~」という諌めの意味で自害したとされています。

マンガでは暗殺されたことに

それが、このマンガではちょっと違います。

マンガでは、平手政秀はどこの誰ともわからない者(じつは今川家の忍者)に道端で殺されてしまいます。

それは武士としてとても不名誉なことです。

信長(高校生がなりすましている信長)は、平手政秀の名誉を守ろうとします。

じぃの名誉を守る

そこで信長は、平手政秀の死は暗殺ではなく「諌死」だったと発表します。

諌死とは、「少しはまともな大人になってくださいよぉ~」と諌めて死ぬことです。

信長バッシング

信長の評判は悪くなります。

信長がうつけ(バカ)だから、平手政秀はそれを諌めて死んだ…

信長のせいだ!という批判が出てきます。

じぃの名誉を守るために、その批判をあえて受ける信長

かっこいい。

そして、「平手政秀が諌死した」という史実を、こうやってカッコよく味付けするストーリーのつくり方。これもカッコいい。

(このあたりのストーリーは、ちょっと2巻にもまたがります。)

木下藤吉郎もね

あと見どころは、木下藤吉郎の登場ですね。

だれも予想しない意外なかたちで登場します。

そんなわけで、歴史を知っている人も知らない人も楽しめる『信長協奏曲』1巻の感想でした。

おしまい。

信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)