歴史能力検定はどんなメリットがあるの? 合格者特典

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

歴史能力検定は、歴史の知識をためす試験です。公式ページによると、1級から5級まであって、3級以上は「日本史」と「世界史」に分かれています。

公式ページ:http://www.rekiken.gr.jp/

「歴史能力検定なんて取ってどんなメリットがあるの~?」という声もありますが、公式ページによると、つぎのような合格者特典があるみたいです。

スポンサーリンク

合格者の特典

高等学校卒業程度認定試験

合格した級に応じて「高等学校卒業程度認定試験」の科目が一部免除されます。

「高等学校卒業程度認定試験」とは、旧・大学入学資格検定のことです。 高校卒業と同等以上の学力があるかどうかを認定する試験で、合格者には大学・短大・専門学校の受験資格が与えられます。⇒高等学校卒業程度認定試験について詳しくはこちら

通訳ガイド試験

通訳案内士試験(通訳ガイド試験)の科目免除もあります。歴史能力検定「日本史1級」または「日本史2級」の合格者は、通訳案内士試験の「日本歴史」の筆記試験が免除されます。

そのほか、入試で評価対象にしている大学・短期大学・高等学校があるようです。

参照元:歴史能力検定協会 合格者の特典

へぇ~。そういう特典があるんですね。

国っぽいところに顔がきく

高等学校卒業程度認定試験は、文部科学大臣が実施する試験です。

通訳案内士試験は、国土交通大臣が実施して、国際観光振興機構が試験事務の代行をしているそうです。

それらの科目の免除があるなんて、歴史能力検定は、なんかそういう国っぽい試験にも顔がきくんですね。(←ざっくりとした感想)

スポンサーリンク

特典ではなく、試験そのものの満足感

でも正直、ぼくは今後、高等学校卒業程度認定試験を受けることはないし、通訳案内士試験も受ける予定はありません。そういう方は、多いと思います。

そういう方の受験動機は、歴史能力検定そのものの満足感なんでしょうね。歴史に触れられる喜びとか、資格をとる満足感です。受験したいから、受験する。ごく当たり前のことですね。

資格はその人らしさ

最近いろんな資格がありますよね。

ちょっと話がずれるかも知れませんが、テレビのタレントさんも資格をとったりしてキャラを立てる努力をしています。

何に役立つとか、どんな特典があるとか、そういうことの前に、資格をとること自体が楽しかったり、その人らしさだったりする。そういう時代なんですね。(←時代を語るつもりは毛頭ないのに、文章の勢いで書いてしまった。)

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ