ケネディが大統領選で使ったイス(林先生が驚く初耳学)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2月21日放送の『林先生が驚く初耳学』で興味深いはなしが紹介されていました。一脚のイスが、アメリカ大統領選を左右したというエピソードです。

スポンサーリンク

ウェグナーの椅子

ケネディとニクソンが大統領選を争ったとき、ケネディが座っていたイスが、シンプルで当時としてはめちゃめちゃカッコよかったんだそうです。

それがデンマークの家具デザイナー、ハンス・ウェグナーの作品でした。

もともとケネディは戦争で腰を悪くしていたので、体に負担のかからないものという意味でそのイスを選んだようなんですが、テレビを通じて大統領選が行われるようになった時代には、見栄えも大事だったんですね。

ケネディのカッコいい姿が放送されたことで、ケネディが優勢になったそうです。(それだけじゃないとは思いますが。)

こうしてケネディは史上最年少でアメリカ大統領になりました。有名な演説もしてますし、アポロ計画も進めてますし、マリリン・モンローとも特別な仲だし、ケネディは何かと魅力のある人だったんですね。

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ