アレクサンドロス大王(6)巫女の占い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あーりーです。アレクサンドロス大王(アレキサンダー大王)について、ゆるゆると書いています。

前回の話はコチラです)

アレクサンドロスは遠征を計画しました。

スポンサーリンク

巫女の占い

遠征がうまくいくかどうか、巫女に占ってもらことにしました。

でも、あいにくその日は「占いができない」と定められた日でした。

巫女は占いを断りました。

「まあまあ、そんなこと言わずに占ってよ」

grtking9

「お願い。占って」

grtking10

巫女は根負けして言いました。

「あなたは負けない人だ…」

grtking11

それを聞いてアレクサンドロスは大喜びしました。

「そうか、ぼくは負けない人なんだ! これで戦いに勝てる!」

やりたいことにまっしぐら

巫女が「負けない人」って言ったのは、遠征の勝利を予言していたのか、それとも「根負けしない、しつこい人だなぁ」を意味していたのか。

今となってはわかりませんが、とにかくアレクサンドロスは粘り強い人だったんですね。

自分のやりたいことが決まったら、もうそれにまっしぐら。そのくらいのエネルギーがないと、あの帝国は築けないですよね。

つづきはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする