アレクサンドロス大王(1)マケドニアの王子に生まれて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あーりーです。アレクサンドロス大王のことを、ゆるゆる書いていきます。

昔むかし。

アレクサンドロスはマケドニアの王子として生まれました。

スポンサーリンク

やり手のお父さん

お父さんがけっこうなやり手で、都市を征服したり、戦闘に勝利したりと、なんだかんだ活躍していました。

「これで自分の受け継ぐ領土が増える。むふふ」

とは、アレクサンドロスは考えませんでした。

grtking1

「お父さん、あまり活躍しないで…」

これがアレクサンドロスの本音でした。

自分で勝ち取りたい

アレクサンドロスが仲間にもらしたこんな言葉が伝わっています。

「なあ、みんな。父上があんなに大活躍すると、ぼくが将来みんなとやろうと思ってる偉業は、なくなっちゃうかもね」

アレクサンドロスは、父から受け継ぐもの多くなればなるほど、自分で勝ち取るぶんが減ってしまうと嘆きました。

つづきはコチラです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする