シャア「認めたくないものだな、若さゆえの…」の英訳

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

『機動戦士ガンダム』のシャア・アズナブルには、有名なせりふがたくさんあります。

前回はそのひとつ、「坊やだからさ」の英訳を覚えました。

きょうは「認めたくないものだな、自分自身の若さゆえの過ちというものを」の英訳を勉強します。

一番くじ 機動戦士ガンダム 35th ANNIVERSARY B賞シャアフィギュア
一番くじ 機動戦士ガンダム 35th ANNIVERSARY B賞シャアフィギュア

英訳するとこうなります。

It’s not easy to admit…to the folly of one’s youth…

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」の英語からの引用です。)

スポンサーリンク

admitは認める

admitが「認める」ですね。「admit to~」で「~を認める」となるそうです。いろんな例文を見ていると、toのあとに来るのは動詞ではなく名詞(的なもの)らしいです。

たとえば、「私は盗みを認める」は「I admit to stealing」です。「盗む」という動詞「steal」にingがついて名詞になっていますね。

follyは過ち

そして、follyが「過ち」ですね。ふむふむ。

スポンサーリンク

セリフの背景

このセリフは、シャアが連邦軍に思わぬ苦杯を舐めさせられたときに、つぶやいた言葉です。

シャアはこのとき、ザクを一気に五機も失ってしまいました。大敗です。

カッコつけてて恥ずかしい

ぼくは小さい頃、このセリフをテレビではじめて見た(聞いた)ときの感覚を覚えています。

子ども心に、妙に恥ずかしい違和感を覚えました。

今ならそれを言葉にできます。

「なにカッコつけてるんだろう、この人」という違和感です。

でも、その恥ずかしさも違和感も、今では一周回ってカッコいいんです(笑)

つづき。⇒「ジオン公国に栄光あれ」を英語にすると

A8ガンダム

おまけ

ファーストガンダムのファンにはたまらない『ジ・オリジン』の動画配信です。



関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ