ていねいに読みたい期と、めちゃめちゃにしたい期

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

きのうは、おいしそうな本を買いました。『味覚小説名作集』です。

味覚小説名作集 (光文社文庫)

きのう本屋に行くまで、こういう本があることは知りませんでした。

この本を買おうと思ったいきさつは、前の記事に書いたとおりです。

スポンサーリンク

ていねいに読みたい期

まだ読んでいません。心をあたためてくれそうな本なので、万全の体制をととのえてから1ページ目を開きたいんです。

きちんとふとんに入って、きちんとぬくぬくする。仰向けになって、枕をいつもより少し高くして、ふとんから両腕を出す。これがぼくの「万全の体制」です。

そんなふうにていねいに読んでいきたい。

あたらしいお気に入りの本を買った直後は、ときどきこういう「ていねいに読みたい期」な心境になります。今、それです。

めちゃめちゃにしたい期

やがて「めちゃめちゃにしたい期」がおとずれます。

お気に入りの本を読みこんで読み込んで読み込んで、ページがすり減るまで愛読したい欲望が出てきます。

視線のレーザービーム(byひろみ郷)で文字が焦げるくらい読み込みたくなります。

スポンサーリンク

ごく一部の本だけ

すべての本が「ていねいに読みたい期」や「めちゃめちゃにしたい期」を迎えるわけではありません。そういう本はごく一部です。

たいていの本は、ごく普通に読まれて、ごく普通に本棚の定位置につきます。そしてときどき読み返されて、また元の位置に戻ります。それもぼくにとってはしあわせな読書です。手を伸ばせば本がある。すごくしあわせなことです。

ちょうどいい

全部が全部「めちゃめちゃにしたい期」の本だと、ぼくの心が疲れてしまいます。

めちゃめちゃにしたいくらい読み込みたい本があったり、ごく普通に定位置に戻る本があったり。そういう本棚が、ぼくのちょうどいい本棚なんです。

つづき

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生