痔の手術のあと 座薬を入れる穴がちがう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼくの痔の体験談です。K病院に入院したときのできごとを書いています。

麻酔なしでお尻の傷を縫われて、夜は痛みで悶絶して、その後連日の痛い処置がつづきました。

K病院では、ほかにもいろいろな体験をしました。

スポンサーリンク

手術のあとの座薬

手術のあと、痛み止めの座薬を入れられます。

ふつうはもちろん肛門に入れられます。

でも…

別の穴に入れられそうになりました。

座薬を入れる穴が違う

別の穴というのは、手術で空けた穴です。手術痕です。

痔ろうの手術では、肛門の横にトンネル状の穴を開けます。

間違ってそこに座薬を入れられそうになったんです。

「そこ違います」

看護師さんの指先の動きに微妙な違和感を覚えたぼくは、「そこ違います」とお知らせしました。

看護師さんはあわてて、正しい穴(肛門)に座薬を入れてくれました。

危ないところでした。

窓全開の丸見えで痔の手術

K病院では、手術室の内部の塗装かなにかを終えたばかりということで、窓全開で手術をしたこともあります。

しかも、手術台の位置の関係で、お尻は窓向きなんです。白昼堂々。

ある夕方の美しさ

こういう日々の中で見た、ある夕方の美しさが忘れられません。

窓から見える景色です。

雨上りの夕暮れ。窓に無数の水滴がちらばっていて、それが西日でいろんな色に輝いていたんです。

雲は濃紺から黄金色のグラデーションで、その隣には涼しい夕暮れの青空が広がっていました。

ちょっとした瞬間の美しさ。

ぼくはこの光景を一生忘れない、と思いました。

別の病院へ

このK病院があまりにずさんなので、ぼくは別の病院に移ります。

つづく。⇒別の病院に行ったらぜんぜん痛くない

痔の体験談トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする