タイムリープ「火花、2007年4月の謎」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

むかしはもっと記憶力があったはずなんです。でも最近いろいろなことをものすごい勢いで忘れていきます。

スポンサーリンク

物忘れは自己防衛

これはきっと、脳が負担から身を守るための一種の自己防衛なんだ、と都合よく解釈しています。

物忘れが激しいので、メモをとるようにしています。脳への負担をメモ用紙に吐き出しているんです。

謎のメモ

未処理のメモ用紙をパラパラ見ていると、

「火花、2007年4月の謎」

というメモがありました。

ぼくが書いたものです。でも、意味がわかりません。なんのつもりで書いたのか思い出せません。

どうやらぼくには、メモの意味をメモするメモ帳も必要みたいです。

タイムリープ

待てよ。

今のぼくと同じような立場の人間を、小説で読んだことがあります。

高畑京一郎さんの「タイムリープ」という小説です。

たしかに自分が書いた文字なのに、書いた記憶がない。じつはその文字は、タイムリープした別の時間帯の自分が書いたものだったんです。

しかも、タイムリープの原因は無意識の自己防衛だといいます。

もしかしてぼくも……

このあと何か起こるかもしれません。ドキドキしながら、土曜日を過ごすことにします。

追記

メモの意味を思い出しました~。

以前、「火花」というキーワードの検索数を調べたら、2007年4月にものすごく多かったんです。それで「なぜ?」と思ってメモしました。これが「2007年4月の謎」です。ちなみに、この謎はまだ解けないままです。でも、メモの意味がわかってスッキリ~。

ぼくが思い出した高畑京一郎さんの小説はこれ。
タイム・リープ<上> あしたはきのう<タイム・リープ> (電撃文庫)
タイム・リープ<下> あしたはきのう<タイム・リープ> (電撃文庫)

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする