家事えもんのチョコフレンチトースト(得する人損する人)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月11日放送の『得する人損する人』で、家事えもんがお麩とチョコの掛け算レシピ「チョコフレンチトースト」の作り方を紹介していました。家事えもんは今、大人気ですね。街を歩いていてもたくさんの女性にキャーキャー言われていました。一芸に秀でているって素晴らしい。

スポンサーリンク

卵液の作り方

まずフレンチトーストの卵液をつくります。

1.ボールに卵1つと砂糖(大さじ1)を入れます。

2.なめらかになるまで、しっかりと混ぜます。

3.牛乳(100ml)を加えます。

はい、これで卵液の完成です。

これを使ってフレンチトーストを作っていきます。

チョコフレンチトーストの作り方

1.さっき作った卵液にお麩を入れて浸します。お麩全体にしっかりと卵液をかけます。

2.20分ほど放置します。

3.20分たったら、バターを溶かしたフライパンでお麩を焼きます。

4.お麩を中火~弱火で両面焼きます。(強火だと表面だけ焦げちゃう)

5.両面に焼き色がついたらフライパンから出します。

ここからはチョコレートの用意です。

6.市販のチョコレートを小さく割ってボールなどに入れます。

7.ドライヤーで温めて溶かします。チョコがとろとろになります。

8.バットなど高さのある容器にラップを張り、その上にクッキングシートを乗せておきます。(あとでこの上にチョコのついたお麩を並べます)

9.さっきフライパンから出したお麩のフレンチトーストにピックを刺し、チョコレートをたっぷりつけます。(ピックというのは、ピノに入ってる棒みたいなものです)

10.そしてさっき用意したクッキングシートの上に並べていきます。

11.並べ終えたら、それを冷凍庫で10分冷やします。(外側だけ固めます)

はい、これでチョコフレンチトーストの完成です。

スタジオの悲鳴

お麩はパンよりも卵液がしみ込みやすいので、トロトロの食感になります。そこにチョコがコーティングされるので、外はパリパリ、中はとろとろの仕上がりになります。

スタジオで試食したところ、悲鳴にも似た絶賛の声がつぎつぎと上がっていました。「中、チュルチュル」「めっちゃうまい」「事件です、これはすごい」「おいしい」「とろけるプリンくらい柔らかい」「めちゃくちゃうまい」「お麩じゃない」「家事えもんスゴイ」「なめらかプリンだね」などなど。

感想

このチョコフレンチトーストもそうですけど、パリパリとトロトロとか、ふわふわとコリコリとか、異なる食感が楽しめるものって美味しく感じますよね。一種のツンデレです。どんなジャンルでもギャップの魅力って大事なんですね。

簡単なフレンチトーストの作り方といえば、食パンにプリンを乗せてトースターで焼く方法もあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする