モルガン財閥のゆるい伝記 第21話 恐慌

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここはホワイトハウス。

政府の人1「大統領、やりましたね」

ルーズベルト「うん」

政府の人1「モルガンの鉄道支配にダメージを与えましたよ」

ルーズベルト「ところで鉄鋼業界のようすは、どんな感じ?」

政府の人1「モルガンのUSスチール社がかなり、いきがってます」

ルーズベルト「じゃあ、その会社も訴えよう」

政府の人1「それが、法律に触れそうで触れない、ギリギリのいきがり方なんです」

ルーズベルト「モルガン君め、ずるいなぁ」

政府の人1「モルガンがあとほんの少しでも鉄鋼業界の株を買ってくれれば……」

ルーズベルト「そうだね」

政府の人1「そうすれば、いきがり度がアップするんで、余裕で告訴できるんですが」

ルーズベルト「なんとか告訴したいね」

政府の人1「はい」

ルーズベルト「あと1回でも告訴できれば、モルガン帝国を叩き潰せる!」

ここはモルガン邸。

息子モルガン「さてと。現実逃避でもしようかな」

秘書「何をするんです?」

息子モルガン長谷川京子の写真集を見るよ」

秘書「それもいいですけど、現実と向き合いましょう。大統領は必ず次の攻撃を仕掛けてきますよ」

息子モルガン「また、告訴されるの?」

秘書「はい。次はおそらく鉄鋼部門を狙ってくるでしょう」

息子モルガン「どうしたらいいかな?」

秘書「鉄鋼部門で調子にのらないことです」

息子モルガン「というと?」

秘書「今後一切、鉄鋼業界の株は買わないようにしましょう」

息子モルガン「わかった」

秘書「万が一、あと1回でも告訴されたら、破滅です」

1907年10月。

大規模な恐慌が発生した。

秘書「モルガンさん、大変です。恐慌です」

息子モルガン「京子? 京子がどうしたって?」

秘書「ニューヨーク、パリ、ロンドン、東京。世界中を襲っています」

息子モルガン (;´д`)京子…

街の声。

人々1「いや~。恐慌だね」

人々2「恐慌って?」

人々1「不景気の超最悪バージョンみたいなやつ」

人々2「ああ、そうなんだぁ」

人々1「うん」

人々2「だからおれ、今月、給料もらえなかったさ」

人々1「会社とかバッコバコ倒産してるしね」

人々2「自殺者も多いしょ」

人々1「世の中、どうなるんだろう……」

ホワイトハウス。

ルーズベルト「恐慌のようすは?」

政府の人1「最悪です。全然おさまりません」

ルーズベルト「う~ん……」

政府の人1「倒産や自殺が相次いでいます」

ルーズベルト「回復の見込みはないのか?」

政府の人1「鍵は、証券ブローカーのA社です。A社もいま恐慌で経営危機なんですが、A社がなんとか持ちこたえてくれれば、市場全体が回復するでしょう」

ルーズベルト「そうか」

政府の人1「しかしA社が倒産すれば、被害は拡大し、世界はメッチャクチャです」

ルーズベルト「何か、ないの?」

政府の人1「何かとは?」

ルーズベルト「こういうときに役に立つ、政府の機関とか」

政府の人1「そんなもの、ありませんよ」

第22話へ

モルガン財閥のゆるい伝記 トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク