モルガン財閥のゆるい伝記 第18話 政府vsモルガン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

息子モルガンの事務所。

息子モルガン「まさか石油王さんがやられるとは……」

秘書「次は、モルガンさんかも」

息子モルガン「ふふふ。大丈夫。すでに万全の対抗策を考えてある」

秘書「おおっ! さすが!」

息子モルガン「知ってると思うけど、僕は偉大な男だからね」

秘書「どんな策です?」

息子モルガン「あ、電話だ。誰からだろう」

秘書「きっと、政府の人からですよ」

息子モルガン「さっそく策を実行するときが来たか」

秘書「どんな策か、楽しみです」

息子モルガンは電話に出た。

息子モルガン「はい。どちら様ですか?」

政府の人1「政府の人です」

息子モルガン「どうも」

政府の人1「そちら、ドレクセル・モルガン商会ですか?」

息子モルガン「いいえ。違います」

政府の人1「え、違うんですか?」

息子モルガン「はい」

政府の人1「ウソをつくと厄介なことになりますよ」

息子モルガン「さよなら」

ブチッ。

息子モルガンは電話を切った。

秘書「あれ? 電話、切ったんですか?」

息子モルガン「これでひと安心」

秘書「もしかして今のが、策?」

息子モルガン「うん。智謀の限りを尽くしたよ」

秘書「あんなウソ、一瞬でばれますよ」

息子モルガン「…ホント?」

秘書「あーあ。怒られる。あーあ」

一方、こちらは政府の人たち。

政府の人1「あ、切られた」

政府の人2「え?」

政府の人1「電話、切られた」

政府の人2「マジ?」

政府の人1「しかも、ウソつかれた」

政府の人2「なんて?」

政府の人1「『ドレクセル・モルガン商会ですか?』って訊いたら『違います』って言われた」

政府の人2「本当に違ったのかもよ」

政府の人1「うそぉ? おれ、番号間違えた?」

政府の人2「間違い電話なら、謝らないと」

政府の人1「やばい、おれ、謝るどころか『ウソをつくと厄介なことになりますよ』とか言っちゃった」

政府の人2「うわ~。最悪」

政府の人1「クレーム来るかな」

政府の人2「かもね」

政府の人1「こんなのマスコミにばれたら、政府おだってる!って批判されるよね」

政府の人2「確実にされるね」

政府の人1「少し、おとなしくしてたほうがいいかも」

政府の人2「そうだね、しばらく活動を控えよう」

そうとは知らないモルガンは……。

息子モルガン「ウソがばれたら、怒られるかな?」

秘書「怒られますよ」

息子モルガン「では、ここは潔く…」

秘書「正直に謝るんですか?」

息子モルガン「いや、ウソをホントにする」

秘書「は?」

息子モルガン「社名を変える」

こうして1895年。

ドレクセル・モルガン商会は、社名をJ・P・モルガン商会と改めた。

息子モルガン「これで、よし」

秘書「ぜんぜんダメですよ」

息子モルガン「まだボッコボコの危険、あるかな?」

秘書「あります」

息子モルガン「どうしたらいいと思う?」

秘書「おとなしくしているしか、ありませんね」

息子モルガン「そうだね」

秘書「これ以上会社の規模を大きくしたら、完璧まずいです」

息子モルガン「うん」

秘書「ひっそりいきましょう。ひっそり」

しかし、そうはいかなかった。

モルガンはますます目立っていく。

第19話へ

モルガン財閥のゆるい伝記 トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク