百人一首 現代語訳 No.6~10

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

百人一首をぼくなりにゆるく現代語訳しています。

前回のNo.1~5はこちらをご覧ください。

このページではNo6~10の歌を載せています。

スポンサーリンク

ゆる訳 百人一首

6.かささぎの 渡せる橋に 置く霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける(中納言家持)

【訳】七夕の夜には、かささぎという鳥が天の川に橋をかけます。なぜか知っていますか? 織姫と彦星が会えるようにです。その「天の川の橋」に似ている橋が、宮中にもあります。その橋に霜が下りると「あぁ、夜も更けたなぁ」と感じるのです。

7.天の原 ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に いでし月かも(阿倍仲麻呂)

【訳】見上げれば、高い夜空に、月が光っています。ふるさとの春日には、三笠山がありました。そこで見た月もきれいでした。思い出します。懐かしい…。

8.わが庵は 都のたつみ しかぞすむ 世をうぢ山と 人はいふなり(喜撰法師)

【訳】ぼくは都会から離れた山奥で、静かに暮らしています。みんなはこの宇治山のことを「憂し山」、つまり「現実逃避の憂いの山」とウワサしています。

9.花の色は うつりにけりな いたづらに わが身よにふる ながめせしまに(小野小町)

【訳】桜はすっかり色あせました。そんなふうに私の人生の春も過ぎてしまったのですね。

10.これやこの 行くも帰るも わかれては 知るも知らぬも あふさかの関(蝉丸)

【訳】逢坂の関。ここは旅の出発点。そして終着点。知ってる人も、知らない人も、会っては別れ、別れては旅立ち、戻っては再会する。

読んでくださってありがとうございます。このつづき、No.11~15の歌はこちらをご覧ください。

百人一首のゆるい現代語訳もくじへ戻る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ