漁師さんを悩ませているサルパという謎の生物

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

日本海側の話です。越前ガニ漁が盛り上がるこの時期に、漁師さんを悩ませている謎の生物がいます。

サルパという生物です。

クラゲのような、イカのような質感を連想させる見た目です。ゲル状のからだをしている、ホヤの仲間だそうです。

網に大量にひっかかってくるので、網が破れたり劣化の原因になったりします。

カニが獲れる量が減も減っています。

自然が相手なので、とくにこれといった対策はないといいます。

年末に向けてカニを購入する方も増えると思いますが、獲れる量が減ると、値段にも影響がでるのでしょうか。

スポンサーリンク