モルガン財閥のゆるい伝記 第15話 モルガニゼーション

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

すべて順調のはずだった。

息子モルガン「すべて順調だよ」

秘書「鉄道会社をひとつ、傘下におさめましたね」

息子モルガン「世界征服の第一歩だ」

秘書「第二歩、第三歩は、いつ踏み出すんです?」

息子モルガン「じつは、すでに踏み出している」

秘書「え? もう?」

息子モルガン「他の鉄道会社も、いくつか傘下におさめたんだ」

秘書「いつの間に! 仕事がはやいですね~」

息子モルガン「ふふふ。僕は偉大な男だからね」

秘書「でも、こんな短期間に、どうやったんです?」

息子モルガン「強力な武器を使ったんだよ」

秘書「武器?」

息子モルガン「ビジネスにおける強力な武器」

秘書「なんですか?」

息子モルガン信用だよ」

秘書「ぜひ、詳しく聞かせてください」

息子モルガン「つまり、こういうことだ」

つまり、こういうこと。

鉄道会社1「聞いた?」

鉄道会社2「なにを?」

鉄道会社1ニューヨークセントラル鉄道の話」

鉄道会社2「知らん」

鉄道会社1「州の調査官に目ぇつけられてたんだけど、見逃してもらったんだって」

鉄道会社2「なんで?」

鉄道会社1「わかんない。でも、同じ時期にモルガンが同鉄道の取締役になってる」

鉄道会社2「それって、もしかして、モルガンが取締役になったから州が手を引いたの?」

鉄道会社1「たぶん」

鉄道会社2「モルガンって、力あるんだね」

鉄道会社1「うん」

鉄道会社2「うちの会社もモルガンに任せようかな」

鉄道会社1「あ、おれも」

息子モルガン「――というわけで。たくさんの鉄道会社が僕の傘下に入ったのさ」

秘書「鉄道会社1、2ですか」

息子モルガン「それから、鉄道会社3、4もね」

秘書「でも、その会社って全部、破産してますよね」

息子モルガン Σ( ̄□ ̄; はっ?

秘書「ぜんぶ破産管財人の管理下にある会社です」

息子モルガン「1も、2も、3も、4も?」

秘書「はい」

息子モルガン「……」

秘書「知らなかったんですか?」

息子モルガン「そんなの、知ってたよ」

秘書「本当ですか?」

息子モルガン「……う、うん」

秘書「声、ちっちゃいけど、大丈夫ですか?」

息子モルガン「うん」(ぼそっ)

秘書「なんか、かわいそうになってきましたけど」

息子モルガン「おれ、かわいそうじゃないよ」

秘書「ふたりで頑張りましょう」

息子モルガン「おれ、マジで今の知ってたからね」

秘書「頑張って、傘下の鉄道を再建しましょう」

モルガンは破産した鉄道を次々と再建し、支配下においた。

こうした鉄道業界の再編をモルガニゼーションモルガンの再編成)という。

鉄道王J・P・モルガンの誕生である。

ルーズベルト「おい。モルガン君」

息子モルガン「あ、きみは大統領になるのが夢のルーズベルト君」

ルーズベルト「ひさしぶりだね。銃を取れ」

息子モルガン「は?」

ルーズベルト「決闘だ」

息子モルガン「なぜ?」

ルーズベルト「おれね、むっちゃ怒ってるから」

第16話へ

モルガン財閥のゆるい伝記 トップへ戻る

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク