モルガン財閥のゆるい伝記 第13話 鉄道と石油

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

息子モルガンは、バンダビルト一族の財産をそっくり頂くことにした。

秘書「財産をそっくり頂くって、どうするんですか?」

息子モルガン「こういうときの鉄則を君に教えてあげよう」

秘書「お願いします」

息子モルガン「ずばり、弱みに付け込むんだよ」

秘書「おぉ……」

息子モルガン「さっそくバンダビルト家の内情を調査してくれ」

秘書「わかりました」

バンダビルト家はニューヨークセントラル鉄道を創業した名家であり、アメリカ有数の富豪である。

バンダビルト初代「うちってさ、金持ちだよね」

バンダビルト2世「そうですね」

バンダビルト初代「やっぱ鉄道経営は儲かるね~」

バンダビルト2世「コツは何ですか?」

バンダビルト初代「お得意さんを優遇することだよ」

バンダビルト2世「お得意さんって?」

バンダビルト初代石油産業

バンダビルト2世「おぉ……」

バンダビルト初代「今の時代、元気がいいのは鉄道と石油だからね」

バンダビルト2世「ふむふむ」

バンダビルト初代「石油産業とは仲良くしておいたほうがいい」

バンダビルト2世「でも優遇って、具体的には?」

バンダビルト初代「運賃を安くしてあげるの」

バンダビルト2世「え、でもそんなことしたら、石油産業以外の人たちからブーイングじゃないですか?」

バンダビルト初代「内緒にしとけば大丈夫」

バンダビルト2世「悪ですね~」

バンダビルト初代「悪ですよ~」

バンダビルト2世「ばれないように気をつけましょう」

バンダビルト初代「うぅっ。苦しい!」

バンダビルト2世「お父ちゃん、どうしました?」

バンダビルト初代「寿命だ。死ぬぅ」

バンダビルト2世「えーっ(涙)」

バンダビルト初代「息子よ、会社の株は全部おまえにやる。鉄道経営を頼むぞ」

バンダビルト2世「はい(T_T)」

1877年。

鉄道事業の創業者バンダビルト初代(コーニーリアス・バンダビルト)が死去した。

1879年。

調査官「こんにちは」

バンダビルト2世「はい、こんにちは」

調査官「ニューヨーク州議会の調査官です」

バンダビルト2世「あ、どうも、はじめまして」

調査官「あなた、ニューヨークセントラル鉄道の大株主ですよね?」

バンダビルト2世「そうですけど」

調査官「てことは、かなりの資産家ですね」

バンダビルト2世「まあね」

調査官「でも、ズルしてるでしょ?」

バンダビルト2世「えっ……」

調査官「石油産業の人ばっかり不正に優遇してるしょ?」

バンダビルト2世 しどろもどろ (-_-;)

調査官「ダメだよ。あんたみたいな富豪が不正をするなら、もっと巧妙にやらないと」

バンダビルト2世「すいません」

調査官「罰金、払ってもらうよ」

バンダビルト2世「罰金って、高いんですか?」

調査官「めちゃくちゃ高いよ」

バンダビルト2世「げっ……」

調査官「資産家からは搾れるだけ搾り取るのが、州のやり方だからね」

バンダビルト2世「そんな~(泣)」

ここは息子モルガンの事務所。

秘書「……以上のような内情です」

息子モルガン「なるほど。では、作戦開始といこう」

息子モルガンは動き始めた。

第14話へ

モルガン財閥のゆるい伝記 トップへ戻る

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク