モルガン財閥のゆるい伝記 第12話 アメリカNo.1の大金持ち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

年が明けた。1877年。ニューヨーク。

息子モルガン「あけましておめでとう」

秘書「今年も宜しくお願いします」

息子モルガン「君も知っての通り、僕はすごい男だ。今年はさらにパワーアップするよ」

秘書「勉強させてもらいます」

息子モルガン「何でも聞きたまえ」

秘書「じゃあ、今年の抱負は?」

息子モルガン「アメリカNo.1の富豪になる!」

秘書「無理ですよ~」

息子モルガン「必ずアメリカ屈指の富豪になってみせる」

秘書「屈指…。今さりげなく妥協しましたよね?」

息子モルガン「ばれた?」

秘書「ばれますよ」

息子モルガン「妥協のひとつやふたつ、できないとね」

秘書「開き直りましたね」

息子モルガン「そうでなければ、生き残っていけないよ」

秘書「でも、どうしたらアメリカ屈指の富豪になれるんですか?」

息子モルガン「その前にひとつ質問」

秘書「はい」

息子モルガン「現在、アメリカで一番の大金持ちは誰?」

秘書「いろいろな見方がありますが……」

息子モルガン「うん」

秘書バンダビルト一族でしょうか」

息子モルガン「その通り。というわけで……」

秘書「?」

息子モルガン「彼らの財産をそっくり頂くとしよう」

第13話へ

モルガン財閥のゆるい伝記 トップへ戻る

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク