痔が痛い 仕事中に病院に駆け込みました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは痔ですか? ぼくはかつて痔でした。

みなさんの中には「痔だけど病院に行くのが恥ずかしい。怖い。病院ではどんなことをされるんだろう…」と思っている方もいらっしゃると思います。

ぼくの経験を書かせていただきます。

なにかの参考になれば幸いです。

この記事は、前に書いた「痔だけど病院に行くのが怖いあなたへ伝えたい3つの事」のつづきのような記事です。

追記:この記事以降のできごとを読む場合はこちらからワープしてください。
人生で初めて肛門科に行ったら「即手術」と言われた
痔で入院した病室で元カノと再会
診察室で浣腸をしたらトイレが全部埋まっていてピンチ
直腸カメラと手術前の準備
痔の手術では麻酔注射を尾てい骨に打つ
痔の手術中に聞こえてきた先生と看護師の怖い会話

スポンサーリンク

痔は突然やってくる

ぼくが痔になったのは24歳の冬です。もうずいぶん昔のことです。あれは2月か3月でした。

当時のぼくは会社の寮に住んでいました。

ある夜、ぼくは寮の先輩たちとワイワイ楽しく飲んで過ごしました。寮ではよくあることです。

翌朝、事件が起きました。

肛門がジ~ンとする

目が覚めると、一人の先輩が自分の部屋には戻らず、ぼくのベッドで一緒に雑魚寝していました。

ぼくはベッドから降りようとして床に足をつきました。そのとき、肛門にジ~ンという妙な違和感を覚えました。痛みではありません。ジ~ンというシビレのような感覚です。

それが痔との出会いでした

でも、このときはまだ痔とは気が付きませんでした。

男の先輩と雑魚寝した翌朝に、肛門に違和感!?

( ̄□ ̄;)はっ!!

という奇抜な勘違いもとくにありませんでした。

なんとなくお尻が変。ただそれだけの軽い違和感でした。

笑うと肛門が痛い

お尻になんとなく違和感を覚えながらも、ぼくはあまり気にせず普通に生活をしていました。

ジ~ンとシビれるような違和感は日に日に大きくなっていきました。

そのうち違和感は痛みに変わりました。ちょっとでも肛門に振動を与えると痛いんです。歩いたり、笑ったり。そういうちょっとした振動が痛いんです。

日々、肛門は揺れている

それまでまったく意識していなかったけど、肛門って朝から晩までたくさんの振動にさらされているんですね。

立つときも、座るときも、歩くときも、からだを少しひねるときも、しゃべるときも、笑うときも、せきをするときも、くるまの運転をするときも、肛門は多かれ少なかれ振動します。振動すると痛いので、すぐにわかります。日々、肛門は揺れているんです。痔になってはじめてわかりました。

どんどん悪化

しばらくすると…

振動をあたえなくても素で痛みを覚えるようになりました。どんどん悪化していたんです。この頃になるともう、自分は痔なんだろうな、と思い始めていました。

できれば病院に行きたくない

痔だとわかりつつも、できれば病院に行きたくないので、くすり屋さんで塗り薬を買って治そうと思いました。CMでよく見る薬を買いました。

塗り薬では治らないとも知らずに

薬屋さんで買った塗り薬を塗って過ごしました。あとでわかるのですが、ぼくの痔は痔ろうというタイプの痔でした。塗り薬で治るような痔ではありません。手術が必要でした。

でも、そうとは知らないぼくは薬を塗ってちょっと安心していました。

もう我慢できない

痔はどんどん悪化していました。ついに仕事中に痛みが我慢できなくなりました。

当時、ぼくは営業の仕事をしていました。外回りで車を運転しているときも、お尻の痛みは増すばかりです。

運転しながら、

痛い…

痛い…

痛い…

もう我慢できません。

つぎに肛門科があったら入ろう」と決めました。「次のコンビニでトイレに寄ろう」くらいのフットワークの軽さです。そのくらい切羽詰まっていました。

生まれて初めての肛門科

道路沿いに肛門科が見えてきました。迷わず駆け込みました。生まれて初めての肛門科です。どんなことをされるのか不安でしたが、それよりも痛みをなんとかしたいという思いが強かったです。

生まれて初めての肛門科でどんなことをされたのかは、つぎの記事で。

つづきはこちらです。⇒人生で初めて肛門科に行ったら「即手術」と言われた

痔の体験談トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする