ブロッコリーの虫やほこりを取る正しい洗い方(ソレダメ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月3日放送の『ソレダメ』で怖い話をしていました。怖いといっても、オバケとか暴力とか、そういう話ではありません。

ブロッコリーのことです。

スポンサーリンク

サッと洗うだけだと虫や埃が残る

ブロッコリーは水で洗ったつもりでも、じつは汚れが落とし切れていなくて、中にほこりや虫などが残っているというんです。

えー!

ブロッコリーはつぼみ(あのモコモコの部分はつぼみなんですね)の密度が濃いので、ゴミがたまりやすいといいます。

現実を見せつけられると怖い

実際に番組で実験していました。

水でサッと洗ったブロッコリーを見てみると、たくさんのゴミが残ってました。中には小さな羽虫も。

怖い…。怖すぎる…!

野菜に詳しい方が、ブロッコリーの正しい洗い方を紹介していました。

ブロッコリーの正しい洗い方

1.ブロッコリーを適度な大きさに切ります。

2.ビニール袋に水を入れます。

3.ビニール袋の中に、さっき切ったブロッコリーを入れます。

4.そのまま20分おきます。

放置です。

すると、ブロッコリーが開いて、中のほこりが取れやすくなるそうです。

また、中に隠れている虫も呼吸ができなくなって出てくるといいます。

20分たったら…

5.ビニール袋をシャカシャカ振ります。

洗濯機の原理です。1分間振ります。

はい。完了です!

これでブロッコリーの汚れが落ちるそうです。

さようならブロッコリー

正直なところ、あの虫やほこりを見てしまうと、ブロッコリーが怖いです。

上の方法で洗ったブロッコリーでも、なんだかためらってしまいます。

ビニール袋の水を変えて、もう2~3回くらいシャカシャカやりたいくらいです。

いや、もっと正直にいうと、しばらくブロッコリーは食べたくありません。けっこう好きだったのに。あぁ、さようなら、ブロッコリー。ぼくがもう少しタフな心を持っていたら良かったのに。さようなら。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする