モルガン財閥のゆるい伝記 第11話 セオドア・ルーズベルト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その後、息子モルガンは父から独立し、ドレクセル・モルガン商会を設立。

アメリカのニューヨーク市ウォール街へと移った。

息子モルガン「ハ、ハ、ハロー」

ルーズベルト「ん? おれ?」

息子モルガン「はい。ハロー」

ルーズベルト「ハローがぎこちないよ」

息子モルガン「緊張してて」

ルーズベルト「君、だれ?」

息子モルガン「今日、引っ越してきた者です。友達になって下さい」

ルーズベルト「いいよ。おれはルーズベルト。学生です」

息子モルガン「僕はモルガン。ファッションリーダーです」

ルーズベルト「自分で言うことじゃないよ」

息子モルガン「だれも言ってくれないもので」

ルーズベルト「じゃあ違うんだよ」

息子モルガン「さて、夢を語り合いましょう」

ルーズベルト「いいよ」

息子モルガン「将来、何になりたいんですか?」

ルーズベルト「おれの将来の夢?」

息子モルガン「はい」

ルーズベルト「えー。きっと聞いたらびびるよ」

息子モルガン「教えてください」

ルーズベルト「おれね、将来……」

息子モルガン「はい」

ルーズベルト「アメリカ大統領になる!」

息子モルガン「僕は将来……」

ルーズベルト「え、おれの話題、終わり?」

息子モルガン「大統領の他に、何か?」

ルーズベルト「いや(汗)」

息子モルガン「では、次は僕が夢を語る番です」

ルーズベルト「そ、そうだね」

息子モルガン「僕は経済の力で世界を征服します」

ルーズベルト「君にできる?」

息子モルガン「できます」

ルーズベルト「ホントかなぁ」

息子モルガン「ヨーロッパでは名門なんですよ、うち」

ルーズベルト「そうなの?」

息子モルガン「ナポレオン3世とも親しくしていました」

ルーズベルト「おぉ~」

息子モルガン「『モルガンさん』『ナポレオン3世さん』と呼び合う仲です」

ルーズベルト「よそよそしいよ」

息子モルガン「では、僕は忙しいので、これで」

ルーズベルト「年末はいろいろ忙しいもんね」

息子モルガン「さようなら。良いお年を」

ルーズベルト「うん。良いお年を」

息子モルガン「いいえ! あなたこそ良いお年を!」

ルーズベルト「そこで張り合わなくても…」

息子モルガン「とにかく、これからどうぞよろしくです」

ルーズベルト「うん、よろしくね」

これが、息子モルガンとその宿敵セオドア・ルーズベルトとの出会いだった。

第12話へ

モルガン財閥のゆるい伝記 トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク