モルガン財閥のゆるい伝記 第9話 フランスに投資

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1870年のフランス。パリを訪れた息子モルガンは…

息子モルガン「パリはいいところだなぁ~。でも詐欺には気をつけないと」

ナポレオン3世「ちょっと、ねぇ君」

息子モルガン「はい。あなたは?」

ナポレオン3世「おれは……」

息子モルガン「あ、詐欺師ですね?」

ナポレオン3世「違うよ。おれの顔、知らないの?」

息子モルガン「さぁ……」

ナポレオン3世「おれだよ、おれ、フランス皇帝」

息子モルガン「おれおれ詐欺か」

ナポレオン3世「違う。ナポレオン」

息子モルガン「ナポレオンは1821年にセントヘレナで死にました」

ナポレオン3世「おれね、その親戚。3世」

息子モルガン「はいはい。わかりましたわかりました」

ナポレオン3世「絶対わかってない口調だよね」

息子モルガン「で、御用は?」

ナポレオン3世「お金、貸して」

息子モルガン「直球勝負の詐欺ですね」

ナポレオン3世「違うって。話、聞いて」

息子モルガン「いいですよ」

ナポレオン3世「今、フランスは戦争中なのさ」

息子モルガン「どこと?」

ナポレオン3世「プロイセン王国と」

息子モルガン「ほう」

ナポレオン3世「で、軍資金が足りないんだよね」

息子モルガン「はい」

ナポレオン3世「だから、貸して」

息子モルガン「巨大財閥から借りれば?」

ナポレオン3世「例えば?」

息子モルガン「なんといってもやはり、ロスチャイルド財閥」

ナポレオン3世「ダメ。断わられた」

息子モルガン「では、それと肩を並べる、ベアリング財閥」

ナポレオン3世「ベアリング財閥はプロイセンの味方だもん」

息子モルガン「困りましたね」

ナポレオン3世「ね、貸して。戦争に勝ったら利子つけて返すから」

息子モルガン「負けたら?」

ナポレオン3世「気持ちで返す」

息子モルガン「いりません」

ナポレオン3世「じゃあ、ポスターで返す」

息子モルガン「いりません」

ナポレオン3世「聖徳太子のだしね」

息子モルガン「え、何枚ですか?」

ナポレオン3世「うそぉ! そこで喰いつくの?」

息子モルガン「僕も聖徳太子ファンなんですよ」

ナポレオン3世「おれは、べつに……」

息子モルガン「長谷川京子と聖徳太子には目がなくて」

ナポレオン3世「そうなの?」

息子モルガン「あ、十七条憲法のDVD、見ました?」

ナポレオン3世「見てないけど……」

息子モルガン「ラストとか、すごいイイっすよ」

ナポレオン3世「そうなの(汗)」

息子モルガン「なんだ、聖徳太子仲間か~♪」

ナポレオン3世「いや、えーと……」

息子モルガン「お金くらい、うちの会社から融資しますよ」

ナポレオン3世「あ、ありがとう」

J・S・モルガン商会はフランスへの融資を決め、フランス発行の公債を大量に買い込んだ。

(公債を買うということは、その国に投資するということ)

息子モルガン「父さん、ただいま~」

J・S「おお、息子よ。パリはどうだった?」

息子モルガン「ナポレオン3世にお金を貸してきました」

J・S「ナポレオン3世に?」

息子モルガン「はい」

J・S「フランスが戦争に負けたら、スッカラカンだぞ」

息子モルガン「逆に、勝てば大儲けです」

しかし。

J・S「息子よ。ニュースを見てみろ」

息子モルガン「なんですか?」

J・S「フランスが負けそうだ」

息子モルガン「えぇっ」

J・S「ナポレオン3世がセダンの戦いで捕虜になった…」(1870年)

息子モルガン「そんな( ̄□ ̄;)!!」

J・S「このままだとスッカラカンになってしまうぞ(涙)」

だが、そうはならなかった。

逆にこれはチャンスとなった。

モルガン一族はこの戦争を契機に、ロスチャイルド、ベアリングと並ぶ巨大財閥の仲間入りを果たすことになる。

第10話へ

モルガン財閥のゆるい伝記 トップへ戻る

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク