モルガン財閥のゆるい伝記 第8話 ビジネスの基本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

J・S・モルガンには息子がいた。

J・S・モルガンとその息子J・P・モルガンの会話。

J・S「息子よ」

息子モルガン「はい」

J・S「ピーボディさんが引退して6年になる」

息子モルガン「そうですね」

J・S「社名もJ・S・モルガン商会と変えて頑張ってきた」

息子モルガン「はい」

J・S「しかし、いまいちパッとしない」

息子モルガン「はい」

J・S「なにかいい方法はないだろうか?」

息子モルガン「すべてのビジネスの基本は、時代の流れに敏感になることです」

J・S「なるほど」

息子モルガン「いつまでも若い感覚を大切にしましょう」

J・S「一理ある」

息子モルガン「ナウい男になるんです」

J・S「は?」

息子モルガン「おっと、若者言葉が出てしまいました」

J・S「今のは若者言葉なのか?」

息子モルガン「はい。最先端のヤングな言葉です」

J・S「ヤング……」

息子モルガン「ヤングの間でフィーバーしてる言葉です」

J・S「フィーバー……」

息子モルガン「僕はセンスの神に愛されています」

J・S「息子よ、きっと違う神だ」

息子モルガン「父さん」

J・S「ん」

息子モルガン「僕はパリに行きます」

J・S「なぜ?」

息子モルガン「パリは流行の発信地です」

J・S「うん」

息子モルガン「パリに行って、この素晴らしいセンスをさらに磨いて来ます」

J・S「それがいい。ちゃんと磨いたほうがいい」

息子モルガン「戻ってきた僕を見て驚かないでくださいよ」

J・S「もう、驚いたけどね」

息子モルガン「あした出発します」

J・S「パリは戦地だから気をつけて」

息子モルガン「はい」

J・S「それから、パリの詐欺師は腕がいいっていうから、変な話にホイホイついて行かないように」

息子モルガン「わかってますよ」

息子J・P・モルガンはパリに旅立った。

第9話へ

モルガン財閥のゆるい伝記 トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク