モルガン財閥のゆるい伝記 第7話 ナポレオン3世

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ピーボディ商会が投資をした大西洋海底電信ケーブルは断線した。

ピーボディ商会は大ピンチに陥った。

ピーボ「よーし、こうなったら……」

J・S「秘策があるんですか?」

ピーボ「引退する」

J・S「え?」

ピーボ「J・S・モルガンくん。あとは君に任せた」

J・S「そんな……」

ピーボ「バイバ~イ♪」

1864年。

ジョージ・ピーボディ引退。

ピーボディ商会はJ・S・モルガン商会と名を改めた。

こうして会社の再建はJ・S・モルガンの手にゆだねられた。

舞台は変わって、ここはフランス。

ナポレオン3世「ねぇ、市民さん、おれの名前、知ってる?」

パリ市民「いえ」

ナポレオン3世「この国の皇帝なんですけど」

パリ市民「誰でしたっけ?」

ナポレオン3世「最初の4文字、言ってあげる。ナポレオ」

パリ市民「あ、わかった。ナポレオン」

ナポレオン3世「もっとちゃんと」

パリ市民「ナポレオンさん」

ナポレオン3世「近づいた!」

パリ市民「えー、わかんないっすよ」

ナポレオン3世「正解は、ナポレオン3世でした」

パリ市民「3世?」

ナポレオン3世「うん。あの有名なナポレオンの親戚」

パリ市民「ふうん」

ナポレオン3世「サインしてあげる」

パリ市民「いいんですか? じゃあ」

ナポレオン3世「ただし背中に」

パリ市民「いやですよ」

ナポレオン3世「サインしてあげる。ただし夜中に」

パリ市民「それも迷惑」

ナポレオン3世「サイン、いらないの?」

パリ市民「だって、あの有名なほうのナポレオンじゃないんでしょ」

ナポレオン3世「おれもけっこう有名だよ」

パリ市民「そうかなぁ」

ナポレオン3世「なんてったってフランス皇帝だしね」

パリ市民「まあね」

ナポレオン3世「フランスはヨーロッパNo.1の強国だしさ」

パリ市民「それはどうかな」

ナポレオン3世「え?」

パリ市民「最近、ドイツ系も頑張ってるしょ」

ナポレオン3世「ドイツ系って?」

パリ市民「知らないの? 20以上の国が集まって北ドイツ連邦っていう国を作ったんだよ」

ナポレオン3世「北ドイツ連邦!?」

パリ市民「うん」

ナポレオン3世「それ、強国?」

パリ市民「強国。これからもっともっと強国になるね」

ナポレオン3世「フランスの立場は?」

パリ市民「えーとね、ない」

ナポレオン3世「その北ドイツ連邦っていうの、今のうちに潰しておかないとね」

パリ市民「でも、20以上の国が集まってるんだよ」

ナポレオン3世「そのさ、中心的な国はどこなの?」

パリ市民「プロイセン王国」

ナポレオン3世「じゃ、プロイセン王国をぶっつぶすよ」

パリ市民「その国にはね、ビスマルクっていう怖い政治家がいるから、気ぃつけてね」

ナポレオン3世「かなり怖いの?」

パリ市民「怖いよ」

ナポレオン3世「どのくらい怖いの?」

パリ市民「1862年9月のエピソードなんだけど……」

ナポレオン3世「うん」

パリ市民「ビスマルクが議会で演説してさ、そのときに彼……」

ナポレオン3世「うん」

パリ市民「『多数決なんてまどろっこしい!これからは暴力だ!』って爆弾発言したの」

ナポレオン3世「え。議会でそれ言っちゃったの?」

パリ市民「『鉄(武力)と血(兵士)で問題を解決するぞ!』って」

ナポレオン3世「怖ぇ……」

パリ市民「それ以来、彼は鉄血宰相って呼ばれてるよ」

ナポレオン3世「強そうだね(汗)」

パリ市民「でも、ぶっつぶすんでしょ?」

ナポレオン3世「う、うん。がんばる」

1870年7月。

フランスとプロイセン王国の間で戦争が勃発した。(普仏戦争)

この戦争が、J・S・モルガン商会を救う。

第8話へ

モルガン財閥のゆるい伝記 トップへ戻る

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク