モルガン財閥のゆるい伝記 第6話 破滅の危機

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

鉄道への投資により、ピーボディ商会は大儲けをした。

社長ピーボディと役員J・S・モルガンの会話。

ピーボ「J・Sくんのおかげで我が社は大儲けだよ」

J・S「よかったです」

ピーボ「でも、儲けすぎたら怖い組織に『おい、こら』って言われないかな?」

J・S「我が社は今や国際的な大企業です」

ピーボ「そうだね」

J・S「怖いものはありません」

ピーボ「よし。このまま突っ走ろう!」

数日後。

ピーボ「~♪」

J・S「ピーボディさん、ご機嫌ですね」

ピーボ「全財産を鉄道に投資したさ。これでますます大儲けだね」

J・S「は!?」

ピーボ「ふふふ。大胆かつ華麗なおれ」

J・S「クリミア戦争は終わったんですよ」

ピーボ「え?」

J・S「破産ですね」

1857年、クリミア戦争が終結した。

これにより鉄道景気も終息し、ピーボディ商会は大打撃を受けた。

ピーボ「よし、こうなったら……」

J・S「どうするんです?」

ピーボ「借金でも何でもして、新しい事業に投資しよう」

J・S「何かいい事業、ありますか?」

ピーボ「ずばり、大西洋海底電信ケーブル事業だ!」

J・S「おおっ」

ピーボ「アメリカとヨーロッパの人々が大西洋をはさんで自由に電話できるという、夢の事業」

J・S「まさに19世紀の技術の結晶ですね」

ピーボディ商会は大西洋海底電信ケーブル事業に投資した。

しかし。

J・S「ピーボディさん、大変です!」

ピーボ「どうした?」

J・S「海底ケーブルが断線しました」

ピーボ Σ( ̄□ ̄;

1858年9月。

大西洋海底電信ケーブルが断線した。

ピーボディ商会は大ピンチに陥った。

第7話へ

モルガン財閥のゆるい伝記 トップへ戻る

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク