姫路城の城壁の窓が丸、三角、四角になっている意味

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2月1日放送の『ぶっちゃけ寺』は姫路城の特集でした。真っ白い姫路城、美しいですね。

姫路城の城壁には窓のような穴が空いています。これは防御用の穴で、ここから鉄砲などを出して敵を撃ったりします。

この穴のことを狭間(さま)というそうです。

この穴の形には、○、△、□という種類があります。

鉄砲を撃つ穴になぜこんないろんな形があるのか、今でも謎のままなんだそうです。

スポンサーリンク

○△□はこの世を構成する3要素

『ぶっちゃけ寺』に出ていたお坊さんが、ある仮説を唱えていました。

仏教の世界では形に意味があって、○は水、△は火、□は大地をあらわすんだそうです。これはこの世を構成している三要素だといいます。

たとえば、お寺には五輪塔というものがあって、これもよく見ると丸、三角、四角のパーツが組み合わさってできています。

だから、姫路城の城壁の窓穴も、○、△、□の形にすることで、神仏のご加護にあやかろうとしたのではないか、とお坊さんは言っていました。

今まで姫路城の窓穴(狭間)の形の意味が謎だっただけに、この説は大発見なんじゃないかっていう話です。

お城は一つひとつの造りに意味があるんですね。おもしろいです。

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ