モルガン財閥のゆるい伝記 第3話 1848年の革命

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

翌年、ピーボディはロンドン市のムアゲート31番地に金融会社を設立した。

投資家「で、どんな商売はじめたの?」

ピーボ「資産運用のアドバイザーです」

投資家「儲かってる?」

ピーボ「それが、ぜんぜんお客さんが来なくて」

投資家「貧乏なの?」

ピーボ「どん底です(涙)」

1848年。

ヨーロッパに革命の嵐が吹き荒れた。

ヨーロッパの人々の会話。

人々1「いや~。革命の嵐が吹き荒れてるね」

人々2「ああ、産業革命ね」

人々1「それは50年も前から始まってるしょ」

人々2「じゃあ、なに革命さ」

人々1「二月革命とか三月革命とか……」

人々2「なにそれ」

人々1「話せば長くなるけど」

人々2「いや、手短に。10文字で教えて」

人々1「34年つづいたウィー」

人々2「うわ。中途半端」

人々1「10文字は無理だよ」

人々2「しかも最後のウィーってなまら気になるし」

人々1「つまり今回の革命っていうのは、34年つづいたウィーン体制の崩壊さ」

人々2「ウィーン体制って?」

人々1「まあ、わかりやすくいえば、王様GO!GO!体制」

人々2「わかりづらい」

人々1「王様や地主階級が政治をする体制のことさ」

人々2「なるほど」

人々1「そういう体制に反対する人たちが暴れ回ってるのが今回の革命」

人々2「へぇ~。おれには関係ないや」

人々1「なんで?」

人々2「おれ、ほら、金持ちでしょ」

人々1「うん」

人々2「時代がどう変わっても金があれば生きていけるから」

人々1「甘いですな」

人々2「なにその優越口調……」

人々1「最近の革命思想は過激でね、私有財産を廃止する思想もあるんだよ」

人々2「?」

人々1「つまり君の財産は没収されるかもしれないの」

人々2「それはまずいな」

人々1「まずいでしょ」

人々2「どうしたらいい? 教えて」

人々1「財産を避難させるんだ」

人々2「どこに?」

人々1「ヨーロッパ革命の嵐がとどかない場所へ」

人々2「っていうと?」

人々1「アメリカ合衆国」

人々2「おお~」

人々1アメリカへの投資っていう形で財産を避難させればいい」

人々2「なるほど」

人々1「みんなとっくにそうしてるよ」

人々2「それ、もっと早く教えてよ」

1848年。

ヨーロッパの富豪たちは財産の避難場所としてアメリカを選んだ。

ピーボ「投資家さ~ん、助けて~」

投資家「どうした? ピーボディさん」

ピーボ「最近、アメリカに投資する人がやたら多くて、みんな僕のところに相談に来るんですよ」

投資家「君はアメリカ人だから、適任なんだよ」

ピーボ「それで僕、じゃんじゃん大儲けで」

投資家「うわ、自慢? よかったしょ」

ピーボ「それが、ぜんぜん良くないんですよ……」

ピーボディは泣き出した。

第4話へ

モルガン財閥のゆるい伝記 トップへ戻る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生