モルガン財閥のゆるい伝記 第2話 成功の黄金律

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

アメリカ商人ピーボディはヨーロッパに渡り、投資家と話をした。

ピーボ「アメリカ商人のピーボディです」

投資家「ヨーロッパの投資家です」

ピーボ「さっそく本題に入りましょうか」

投資家「まず、言わしてもらいますが…」

ピーボ「はい」

投資家「アメリカに貸した金、ぜんぜん返ってこないんだよね」

ピーボ「……」

投資家「金、ちゃんと返してよ」

ピーボ「無理です」

投資家 (゚∀゚) お――い

ピーボ「でも、借金を返す方法がひとつだけあります」

投資家「ホント? なに?」

ピーボ「アメリカを超大国にするんです」

投資家「超大国?」

ピーボ「従来のヨーロッパ型の大国の概念を越える、超大国。史上最強の国ってことです」

投資家「それ、可能なの?」

ピーボ「あなたの協力次第で」

投資家「おれ、なにすればいい?」

ピーボ「お金、もっと貸してください」

投資家「え」

ピーボ「アメリカを超大国に育てるには、お金かかるんで」

投資家「でもな~」

ピーボ「じゃないとアメリカは破産します」

投資家「そうかもね」

ピーボ「そしたら、あなたの今までの投資も無駄になりますよ」

投資家「しょうがないなぁ……」

1835年。

ヨーロッパの投資家たちはピーボディの説得に応じて800万ドルを融通した。

ピーボ「さてと……」

投資家「アメリカに帰るの?」

ピーボ「いえ、このままこの街に住みます」

投資家「ロンドンに?」

ピーボ「はい。ここで商売します」

投資家「アメリカ人の入り込む余地はないよ」

ピーボ「僕は成功の黄金律を知り尽くした男ですよ」

投資家「その自信はどこから…汗」

ピーボ「すぐにあなた以上の資産家になってみせます」

投資家「ほう。お手並み拝見といきますか」

1837年、ピーボディはロンドンに移住した。

モルガン財閥はここからスタートする。

第3話へ

モルガン財閥のゆるい伝記 トップへ戻る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ