モルガン財閥のゆるい伝記 第1話 大富豪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

世界経済を支配するモルガン財閥はいかにしてつくられたのか。

彼らはどのようにして大富豪になったのか。

そーいうお話です。

1835年。

アメリカ合衆国の議会。

議員1「すごい重大な情報、教えてあげるか?」

議員2「うん」

議員1「アメリカね、滅びるかも」

議員2「なんで?」

議員1「お金なくて。ようするに破産だね」

議員2「でも、おれらアメリカってさ、ヨーロッパの投資家からお金たっぷり借りてるしょ」

議員1「ところがね、借りたお金は返さなきゃならないんだってさ、しかも利子つけて。知ってた?」

議員2「知ってた」

議員1「おれ、知らんかったさ。知らんくて、バンバン使っちゃった」

議員2「うそぉ、何に使った?」

議員1「鉄道、高速道路、運河の建設とか」

議員2「まあ、アメリカの発展に必要なものだけどさ……」

議員1「どうしよう。もう金ないんだよね」

議員2「利子だけでも払えないの?」

議員1「払えない」

議員2「困ったな~」

議員1「ヨーロッパの人に怒られるかな」

議員2「やばいね」

議員1「謝ったほうがいい?」

議員2「うん」

議員1「じゃあ、ジャンケンで負けたほうが謝ることね」

議員2「え?」

議員1「じゃ~んけ~」

議員2「いやいやいや、違うしょ」

議員1「なにが?」

議員2「うわ、出た、気づいてないふり。君が使ったんだから君が謝りに行きなや」

議員1「だって~。おれ、謝るの怖いんだもん」

議員2「わがままだなぁ」

議員1「じゃあ、商人に頼もう。商人なら、こういうお金の話、得意そうでしょ」

というわけで…

商人ジョージ・ピーボディが呼び出された。

議員1「ピーボディ君、しっかり頼むよ」

ピーボ「わかりました。借金を踏み倒せばいいんですね」

議員1「うん。でさ、できれば、もっとお金借りてきて。不可能かな?」

ピーボ「ふふふ。僕は不可能を可能にする男ですよ」

彼は不可能を可能にし、大富豪への道を歩み始める。

第2話へ

モルガン財閥のゆるい伝記 トップへ戻る

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク