雪菜のベーコンサラダ、ふすべ漬け、米沢牛巻き(青空レストラン)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1月30日の『満点☆青空レストラン』の舞台は、山形県米沢市でした。

米沢といえば、あの上杉家の城下町として栄えた街ですよね。

スポンサーリンク

雪菜(ゆきな)

この日のテーマ食材は、雪菜でした。

雪菜とは、全国でも珍しい雪の中で育つ野菜で、真冬に旬を迎えるといいます。

見た目はセロリのような野菜です。生で食べた出演者さんたちの感想は、ちょっとだけ苦味があってシャキシャキ、この苦味がクセになる、というもの。免疫力アップや風邪の予防にもなる食材だそうです。

肉とすごく合う野菜みたいですよ。番組で紹介された雪菜の料理、美味しそうでした。忘れないようにレシピをメモしておきますね。

雪菜のカリカリベーコンサラダ

1.レモン汁、はちみつ、しょう油、胡椒を混ぜます。

2.それを、2センチくらいの長さに切りそろえた雪菜にかけて、あえます。

3.あえた雪菜をお皿に盛ります。

4.ベーコンとニンニクをカリカリになるまで炒めます。

5.カリカリになったら、さっきお皿に盛った雪菜の上にかけます。

完成!

宮川大輔さんの感想は、

「あっ! うまーい!」

でした。

雪菜のふすべ漬け

雪菜の辛みを味わう郷土料理です。

1.小さく切った雪菜をザルに入れます。

2.ザルごと、お湯に浸します。(3秒)

3.お湯から出します。

4.ザルの中の雪菜をかき混ぜます。直接雪菜には触れず、フライパン返しのような要領で。

5.これを3回繰り返します。(3回お湯に浸します)

ふすべ漬けの「ふすべる」とは、湯に通すという意味の方言だそうです。湯通しして刺激を与えることで、独特の辛みが出るといいます。

6.3回終わったら、ザルにふたをして1分蒸らします。

7.ザルごと氷水に入れて冷やします。

8.雪菜をボールにあけます。

9.雪菜の量の2%の量の塩を揉みこみます。

10.ビニールの袋に入れて密封します。

11.重しを乗せて寒いところに2~3日おきます。

漬けあがったら完成!

米沢牛の雪菜巻き

1.まな板に米沢牛を広げます。

2.その上に、同じ大きさに切りそろえた雪菜を置きます。

3.米沢牛で雪菜をクルクルと巻きます。

4.軽く塩コショウします。

5.卵につけて衣をまとわせます。

6.170℃の油でカラッと揚げます。

7.食べやすいようにカットしたら完成!

とっても美味しそうです。

宮川大輔さんの感想は、

「あっ! うまーい! うわっ、うまーい! うまーい! うまーい! うまーい!」

でした。

うまーい!連呼でちゃんと美味しさが伝わるのが宮川大輔さんのスゴイところですね。

さっきのふすべ漬けは辛みが美味しかったのに対して、こちらは辛みがなく、甘い。それが美味しいといいます。ふしぎな食材ですね。とっても美味しそうです。

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする