楠木正成のゆるい伝記 第28話 最期の出陣

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ここは京都。楠木正成と後醍醐天皇の会話はつづく。

楠木「えっ。なんで却下なんですか?」

天皇「楠木くんさ、もうおれの味方しなくていいよ。これ、どっちみち勝ち目のない戦いだから」

楠木「なに言ってるんすか」

天皇「足利さんとこ行きな。6ヵ国くれるって言ってるし」

楠木「勝てますって。この作戦、勝てますから」

天皇「今回は勝てても、いつかは負けるしょ」

楠木「え」

天皇「おれ、武力もないし人望もないしさ。それなのにホント楠木くん今までありがとうって感じだよ」

楠木「そんなのいいっすよ」

天皇「おれは総大将だから今さら足利さんに謝れないけど、楠木くんはまだ間に合う。足利さんの仲間になんな。そのほういいって」

楠木「でも」

天皇「とにかくこの作戦は却下。楠木くんがこれ以上足利さんに歯向かうことない」

楠木「それマジで言ってます?」

天皇「さ、行きな」

楠木「天皇さん……」

天皇「足利さんとこ行っていいよ、これマジで。今までありがとうね」

楠木正成とその弟・七郎の会話。

楠木「――ていうわけさ」

七郎「天皇さん、そこまで考えてくれてるんだぁ」

楠木「じゃ、おれ、行くわ」

七郎「どこに?」

楠木「足利さんとこ」

七郎「寝返るの?」

楠木「そんなわけないしょ。戦いに行くの」

七郎「でも、勝てる?」

楠木「作戦、却下されちゃったから、ぶっちゃけ勝ち目ないけどね」

七郎「それでも戦うの?」

楠木「必勝の法則その4」

七郎「仲間を大切に」

楠木「そう」

七郎「うわ~。かっこいいね」

楠木「へへ。今ちょっとかっこつけてみた。いいしょ、最期くらい」

七郎「じゃ、行こうか」

楠木「七郎や兵士くんは来なくていいよ。おれだけでいいから」

七郎「なんでさ」

楠木「どうせ負ける戦いだし。犠牲は少ないほうがいい」

七郎「僕も行くよ。兄ちゃん、迷子になったら困るしょ」

楠木「だからあれ迷子じゃないって」

七郎「いいからいいから。さ、行こう」

西暦1336年。楠木正成は出陣した。

弟の七郎ほか700騎の兵が彼に従った。

この戦いで楠木正成は死ぬ。

第29話へ

楠木正成のゆるい伝記 トップへ戻る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生