楠木正成のゆるい伝記 第27話 作戦却下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ここは京都。

楠木「天皇さ~ん」

天皇「ああ、楠木くん」

楠木「ニュース見ました? 足利さんの大軍、こっち向かってますね」

天皇「うん。見たよ」

楠木「びびってます? ね。びびってます?」

天皇「ま、まあね、そりゃあ」

楠木「でも大丈夫っすよ。僕、絶対勝てる作戦考えましたから」

天皇「マジ? いっつもすごいね」

楠木「僕の考えた作戦ね、全部で4つのプロセスに分かれるんですよ」

天皇「おぉ~」

楠木「聞きたいですか?」

天皇「うん、一応聞きたい」

楠木「じゃあ、2→4→3→1のプロセスで話しますね」

天皇「いやいやいや。なにそれ」

楠木「え?」

天皇「そんな無駄なひねり、いらないから」

楠木「じゃあ、1→2→3→3→4の順で」

天皇「3のプロセス、2回もいらないよ」

楠木「じゃあ、どうしろって言うんですか!」

天皇「普通でいいよ。1→2→3→4で」

楠木「わかりました。特別ですよ」

天皇「特別なのかい」

楠木「まず第1段階」

天皇「うん」

楠木「われわれは今のうちに素早く京都を出ます」

天皇「え、出ちゃうの?」

楠木「はい。出て、近くの山に隠れます」

天皇「そんなことしたら、京都、がら空きでしょ」

楠木「いいんです。つづいて第2段階では、」

天皇「うん」

楠木「足利さんが京都を占領します」

天皇「そりゃそうだよね」

楠木「これも作戦のうちです。わざと占領させるんですよ」

天皇「うん。それで?」

楠木「第3段階。われわれが京都を包囲します」

天皇「おぉ」

楠木「京都を包囲して足利さんの補給路を絶ちます」

天皇「なるほど」

楠木「足利さんは大軍ですから、すぐに食料が尽きます」

天皇「つまり、敵の大軍を京都に閉じ込めて兵糧攻めにするってことね」

楠木「そうです。そしていよいよ第4段階」

天皇「うん」

楠木「敵がお腹ペコペコになったところを一気に攻め込んで勝利します」

天皇「ダイナミックな作戦だ!」

楠木「はい」

天皇「でもそんなダイナミックな作戦だったらさ、指揮するの大変だよね」

楠木「普通の人には無理ですね。僕にしかできませんよ、きっと」

天皇「そうだね」

楠木「じゃあ、さっそく準備します」

天皇「待って」

楠木「はい」

天皇「その作戦、却下」

楠木「はっ?」

天皇「却下」

楠木「……でも、勝つにはこの作戦しかありませんよ」

天皇「とにかく、却下なんだよね」

このとき楠木正成が提案した作戦は完璧だった。

実際、天皇が勝利するにはこの方法しかなかった。

しかし、後醍醐天皇はこれを拒否した。

第28話へ

楠木正成のゆるい伝記 トップへ戻る

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク