楠木正成のゆるい伝記 第25話 天才楠木

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ここは京都。

天皇「京都、取り戻せてよかったね」

側近「楠木さんのおかげですよ。お礼、言いました?」

天皇「言ったよ。さてと、京都ライフを満喫しちゃお」

側近「満喫って、なにするんです?」

天皇「まずはダラッとテレビでしょ。スイッチON!」

テレビのアナウンサー「臨時ニュースです。足利尊氏さん(31)の大軍が京都に向かって進撃中です」

天皇「えっ!」

テレビのアナウンサー「足利さんは戦いに敗れて九州に落ち延びていましたが、わずかな期間で急速に勢力を盛り返し、リベンジのため再び京都に向かっています」

天皇「こっち来るってさ」

側近「こっち来ますね」

天皇「しかもまた大軍でしょ」

側近「前回以上の大軍ですね」

天皇「勝てるかな」

側近「普通は勝てません。でも……」

天皇「でも?」

側近「楠木さんなら、勝てるかも」

天皇「そうかな。彼にも限界があると思うけど」

側近「大丈夫。楠木さんは天才です」

そのころ…

楠木兄弟のようす。

七郎「兄ちゃん」

楠木 ぐ~ぐ~(睡眠中)

七郎「兄ちゃん。起きてよ」

楠木「……んー。なにさ」

七郎「寝てる場合じゃないよ」

楠木「今、なん時?」

七郎「朝の6時」

楠木「まだ早いしょ。おやすみ」

七郎「ダメだって。起きてよ」

楠木「しっ。耳をすまして」

七郎「え」

楠木「朝のすずめ、まだ鳴いてる?」

七郎「鳴いてるけど」

楠木「ホントだ。いいね。平和だね。おやすみ」

七郎「なにそれ。はやく起きなって」

楠木「すずめの声を聞きながらスヤスヤしたいの」

七郎「そんなのんびりしてる時間ないよ」

楠木「たまにはいいしょ。今は平和なんだから」

七郎「平和じゃないよ」

楠木「だっておれ、足利さんを追い払ったんだよ。ひとまず平和でしょ」

七郎「その足利さんがまた攻めてきたの」

楠木「えっ!」

七郎「しかも前回以上の大軍で」

楠木「前回以上の大軍?」

七郎「うん。今度こそやばいよ」

楠木「まあそう騒がんでさ」

七郎「なに落ち着いてるのさ。この大ピンチに」

楠木「あんまりピンチじゃないと思うけど」

七郎「なんで?」

楠木「だって、勝てばいいんでしょ?」

七郎「勝てばいいんだけどさ」

楠木「おれ、勝てるよ」

七郎「え?」

楠木「ひらめいちゃった。すごい作戦」

七郎「ホント!?」

楠木「やばいねおれ、天才かも」

第26話へ

楠木正成のゆるい伝記 トップへ戻る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生