楠木正成のゆるい伝記 第24話 楠木の活躍

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

比叡山にたてこもる後醍醐天皇と楠木正成の会話。

天皇「なんとかしてよ、楠木くん」

楠木「わかってますよ」

天皇「なんで敵、勢いづいてるのさ」

楠木「そんなはずないんですけどね」

天皇「でも実際、勢いづいてるしょ」

楠木「あんなのハッタリですよ」

天皇「ハッタリ?」

楠木「本当はびびってるはずです」

天皇「そうかなぁ」

楠木「僕がちょっと顔を見せれば、足利軍なんかパーッと逃げちゃいますよ

天皇「じゃあ、やってみてよ」

楠木「わかりました。京都に攻め込んできます」

楠木正成、出陣。

一方、京都の足利尊氏は……

足利「よし。比叡山に向かおう」

部下「今からですか?」

足利「天皇さんに降伏を勧告する」

部下「でもわが軍は鎌倉から京都への長旅でへとへとですよ。十分鋭気を養ってからのほうが良くないです?」

足利「その必要はない」

部下「なぜです?」

足利「楠木が死んで敵の士気は下がっている」

部下「はい」

足利「戦わずにあっさり勝てるさ。この機を逸してはならない」

部下「わかりました」

足利「今はスピードが何より大切だ」

部下「はい」

足利「余計な武器、食料は置いていく」

部下「了解っす」

足利尊氏も、出陣。

そして……。

ここは京都。

楠木「京都に到着ぅ~」

七郎「敵、誰もいないね」

楠木「でしょ。おれにびびって逃げたんだよ」

七郎「あ、武器も食料も置きっぱなしだ」

楠木「よっぽどあわてて逃げたんだね」

七郎「じゃあ、京都占領ってことでOK?」

楠木「OK」

京都を出発して比叡山に進軍中の足利尊氏のようす。

部下「足利さん、大変です!」

足利「どうした?」

部下「楠木正成が生きていました」

足利「なんだと!」

部下「楠木はわれわれの留守をついて、京都を占領したようです」

足利「すぐに引き返して戦おう」

部下「無理です。わが軍は長旅でへとへです」

足利「気合だ」

部下「それに武器も食料もありません」

足利「むむっ……」

部下「ここは一度退いたほうが」

足利「そうだな。武器、食料、体力でまさっている敵と戦うことはない」

部下「でも、どこに逃げます?」

足利「西だ」

部下「西?」

足利「かつて源氏に追われた平氏は西で力を蓄えた。われわれもそれにならう」

部下「わかりました」

1336年2月。

楠木正成はたくみな流言で足利尊氏を京都からおびき出し、その隙に京都を占領した。

足利尊氏は京都を捨てて九州へ敗走した。

ここは京都。

天皇「いや~楠木くん、ありがとう。君のおかげで京都を取り戻せたよ」

楠木「お安い御用っすよ、こんくらい」

天皇「ところでさ、おれの政治ってイマイチうまくいってないよね」

楠木「実際こうして反乱が起きたりしてますしね」

天皇「これって誰のせいかな」

楠木「え」

天皇「誰のせいで政治がうまくいかないんだろう」

楠木「誰って、そりゃ……」

天皇「当然、おれではないし、もちろん楠木さんでもない」

楠木「今、サラッと責任回避しましたよね?」

天皇「え?」

楠木「ズバッと言っちゃっていいですか?」

天皇「いいよ」

楠木「天皇さんのせいです」(ズバッ)

天皇「……( ̄□ ̄;)!!」

楠木「天皇さんのせい」

天皇「ひとりを責めてもしょうがないよ」

楠木「あなたが言わないでください」

天皇「誰が悪いわけでもない」

楠木「じゃあ、何が悪いんですか?」

天皇「えーとね、いや、何っていうか……」

楠木「ね、答えられないでしょ」

天皇「あ、わかった。元号が悪い。元号」

楠木「元号?」

天皇「うん。建武っていう元号が悪い」

楠木「……」

天皇「というわけで、元号、変えます」

1336年。元号が建武(けんむ)から延元(えんげん)に変わった。

第25話へ

楠木正成のゆるい伝記 トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク