楠木正成のゆるい伝記 第22話 尊氏の寝返り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ここは京都。楠木正成は鎌倉から京都に戻ってきた。

楠木 キョロキョロ~

兵士「楠木さん、どうかしたんですか?」

楠木「天皇さんのところに行こうと思って」

兵士「天皇さんの部屋はぜんぜん逆方向ですよ」

楠木「……。う、うん、知ってるよ(汗)」

兵士「知っててどうして?」

楠木「それは、えーと、僕が偉大な武将だからだね」

兵士「え?」

楠木「偉大な武将ってのは誰にも動きを読まれちゃダメなの」

兵士「なるほど」

楠木「だから日頃から常に逆、逆って動くの」

兵士「普段からそんなことまで意識して生活してるんですか」

楠木「まあね」

兵士「すごいな~。さすが楠木さんですね。僕には無理です」

楠木「そんなことない。きみも日々の努力次第で偉大な武将になれるよ」

兵士「がんばります」

楠木「で、天皇さんの部屋、どっちだっけ?」

兵士「あっちですよ。知ってるんですよね?」

楠木 ドキッ……

兵士「あ、そうか。知ってるのに知らないふりをして訊く。これも相手の逆をつくという実例ですね」

楠木「そ、そう。その通りだよ(汗)」

兵士「恐れ入りました」

一方、

鎌倉に滞在中の足利尊氏は…。

部下「足利さん、どうします? 京都に戻りますか?」

足利「今さら戻っても、天皇さんは許してくれないだろうね」

部下「きっとカンカンですよ」

足利「私に反逆の意思があるかもしれない、とさえ思ってるよ、きっと」

部下「そうですね」

足利「京都に戻っても戻らなくても反逆者扱いだ」

部下「はい」

足利「こうなったら、本当に反乱を起こすしかないね」

ここは京都。

兵士たちの会話。

兵士1「さっきね、楠木さんと話したさ」

兵士2「え、あの、わりと英雄の楠木正成?」

兵士1「うん」

兵士2「どうだった? わりと英雄だった?」

兵士1「偉大だわ。感動した」

兵士2「どんなところが?」

兵士1「偉大な武将はね、誰にも動きを読まれないために常に逆、逆って行動するんだって」

兵士2「ふ~ん」

兵士1「おれも努力すれば偉大になれるって言われた」

兵士2「おぉ~。がんばんな」

兵士1「うん」

同じく京都。

天皇の部屋。

楠木「ただいま~。鎌倉から戻ってきました~」

天皇「楠木さん、大変だよ」

楠木「どうしました?」

天皇「たった今ニュースが入ってさ。足利さんが反乱を起こしたって」

楠木「えーっ!」

西暦1335年。

足利尊氏、挙兵。

全国の武士の会話。

武士1「大変だ!」

武士2「どした?」

武士1「足利さんが天皇さんにケンカを売ったよ」

武士2「マジ? やばくない? おれら、どうする?」

武士1「そりゃ、足利さんに味方するよ」

武士2「だよね。最近の天皇さん、武士を大切にしてくれないもんね」

後醍醐天皇の新政に不満を持っていた武士たちは、続々と足利尊氏に加勢した。

そのころ京都では…。

天皇「足利さんの味方がどんどん増えてる!」

楠木「まずいですね」

天皇「しかも物凄いスピードでこっちに向かってる!」

楠木「このままだと袋叩きですよ」

天皇「楠木くん、なんとかして~(涙)」

楠木「なんとかって、いわれても……」

足利尊氏の大軍はすぐそこまで迫っていた。

第23話へ

楠木正成のゆるい伝記 トップへ戻る

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク