楠木正成のゆるい伝記 第20話 高氏→尊氏

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ますます評判が悪くなった後醍醐天皇は……

天皇「おれ、また評判悪くなっちゃった。ウケるね」

側近「ウケませんよ」

天皇「じゃあ、どこまで評判悪くなれるか、競争ね」

側近「人を巻き込まないでください。それより……」

天皇「なに?」

側近「このままだと武士たちの不満が爆発して反乱が起きるかも」

天皇「その心配はない。反乱ってのは、誰かがリーダーシップをとらなきゃ始まらない」

側近「はい」

天皇「今の武士にそんな気概のある奴はいない」

側近「いますよ」

天皇「だれ?」

側近「足利高氏」

天皇「彼はたしかにエリートだし人望もあるし大物だね」

側近「要注意ですよ」

天皇「大丈夫。おれは足利さんのハートをわしづかみにしてある」

側近「おぉ……」

天皇「彼がおれを裏切ることは、絶対にない」

側近「どうやって、わしづかみにしたんですか?」

天皇「名前を一字あげたの」

側近「名前?」

天皇「おれってさ、普段は後醍醐天皇って名乗ってるけど、これ芸名なんだよね。本名は尊治(たかはる)っていうの」

側近「へぇ~」

天皇「その尊治の”尊”の字を、足利さんにも使わせてあげることにしたの」

側近「ということは?」

天皇「足利高氏が足利尊氏になったの」

側近「いつの間に」

天皇「1333年の間に」

側近「天皇さんから名前をもらえるなんて名誉なことですね」

天皇「こんなに名誉なことしてあげたんだから、足利さんがおれを裏切るわけないよ」

側近「そうですね」

そこへ兵士が飛び込んできた。

兵士「反乱です」

天皇 Σ( ̄□ ̄;え!

兵士「反乱が起きました」

天皇「首謀者は? まさか足利さん?」

兵士「いえ、それが、意外な人物で……」

西暦1335年。天皇への不満が爆発し、ついに反乱が発生した。

第21話へ

楠木正成のゆるい伝記 トップへ戻る

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク