楠木正成のゆるい伝記 第19話 皇居の造営

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土地問題で武士の信用を失った後醍醐天皇は……

天皇「やべぇ。おれ、信用ない人だと思われてきた」

側近「権威失墜ですね」

天皇「一気に権威アップする方法、ないかな」

側近「そんな楽な方法ありませんよ」

天皇「あ、いいこと考えた。エジプトの人のマネすればいいんでない?」

側近「え?」

天皇「エジプトの人ってさ、三角のでっかい建物つくって権威を示したんでしょ?」

側近「はい」

天皇「おれも、なんかでっかい建物つくって、権威示そうかな~」

側近「たとえば?」

天皇「おれの家をでっかく建て替えるとか」

側近「皇居をですか?」

天皇「うん」

側近「それこそブーイングですよ」

天皇「楠木くんの意見も聞いてみよう。楠木くんはどこ?」

側近「京都の街を探検するって、出て行きました」

後醍醐天皇の入京とともに、楠木兄弟も京都で新生活をはじめていた。

七郎「兄ちゃん、どこ行くの?」

楠木「京都の街を探検するの。一緒に来る?」

七郎「でも京都って大都会だよ。迷子になったら困るしょ」

楠木「おれがついてるから大丈夫。さ、行こう」

楠木兄弟は京都の街へ繰り出した。

しかし…

雑踏の中で二人ははぐれてしまった。

京都の人1「あそこにいるの、楠木正成だよね?」

京都の人2「あ、ホントだ。ひとりで何やってるんだろ」

京都の人1「すっごいキョロキョロしてるね」

京都の人2「ぜったい助け求めてる顔だよね」

京都の人1「うん。泣く直前の顔だ」

京都の人2「きっと道に迷ってパニックなんだよ」

京都の人1「どうする? 道、教えてあげる?」

京都の人2「そうだね」

京都の人1「あ、待って。楠木さんの顔、明るくなった」

京都の人2「向こうから弟の七郎さんが来たね。よかった」

京都の人1「なまらダッシュで弟のところに行ったよ」

京都の人2「よっぽど心細かったんだね」

七郎「兄ちゃん。探したよ」

楠木「七郎ぉ~。迎えに来たよ」

七郎「いや、僕が迎えに来たんだけど」

楠木「心配したよ。さあ、一緒に帰ろう」

七郎「僕のほうこそ心配したよ。兄ちゃん、急にはぐれるんだもん」

楠木「おれは平気だったよ」

七郎「でも、泣きそうでしょ」

楠木「いや、ぜんぜん」

七郎「迷子んなってビビッたの?」

楠木「違うって。これね、感動してるの」

七郎「感動?」

楠木「あれ、夕日、見てみ。きれいでしょ」

七郎「きれいだけどさ」

楠木「あれに感動してたの」

七郎「そんな切羽詰った顔で感動しなくてもいいしょ」

楠木「つねに全身全霊なんだよね、おれ」

七郎「これからは迷子にならないように気をつけてよ」

楠木「だから迷子じゃないって」

七郎「わかったよ。わかったから」

楠木「なにその、信じてないオーラむんむんな言い方。も~。ぷんぷん」

そして。

天皇「楠木くん。あのね……」

楠木「はい」

天皇「おれ、家をでっかく建て替えたいんだけど、ダメかな?」

楠木「なんですか、天皇さんまで!」

天皇「え?」

楠木「大きな家で僕を迷わせる気ですね。すぐ迷子になるやつだと思ってるんでしょ!」

天皇「なに?」

楠木「受けて立ちます。ぜったい迷いませんよ。いくらでもでっかくしてください! ぷんぷん」

天皇「……わ、わかったよ」

天皇と側近の会話。

側近「皇居を建て替える件、楠木さんは何と?」

天皇「ものっすごいキレながら賛成してくれた」

側近「は?」

西暦1334年。後醍醐天皇は皇居の造営を開始した。

天皇への批判はますます高まっていった。

第20話へ

楠木正成のゆるい伝記 トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク