楠木正成のゆるい伝記 第17話 鎌倉幕府の滅亡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ここは篠村。幕府はすでに立ち去っていた。

残っていたのは足利高氏のみ。

そこへ楠木正成が現れた。

楠木「いや~、幕府さん、遅れてごめん」

足利「お。楠木」

楠木「ははぁ。足利さんに変装したんだね」

足利「いや、私は本物の……」

楠木「僕はね、村田に変装したよ」

足利「村田?」

楠木「中学んときの生物の先生」

足利「知らないよ」

楠木「村田のマネするから、見てて」

足利「え……」

楠木「前回の授業でやったところを、気づかずにまたやる村田のマネ」

足利「いや、わからないから」

楠木「あ、そうだ、その前に……」

足利「ん?」

楠木「コマネチ!」(動き付き)

足利「……」

楠木「コマネチ!」(動き付き)

足利「……君もか」

楠木「ずるいなぁ、幕府さん、ちゃんとやってよ~」

足利「私は幕府ではない。足利だよ」

楠木「足利さん?」

足利「うん」

楠木「本物の足利さん?」

足利「そうだ」

楠木「うわ、失礼しました。っていうか、じゃあ敵だよね」

足利「いや、味方だ」

楠木「え?」

足利「今日から私は君たちの味方だ。ともに幕府を倒そう」

楠木「う、うん」

その日の夜。

楠木と天皇は電話で話した。

天皇「どうだった? 幕府との話し合い」

楠木「それが、すっぽかされたみたいで」

天皇「マジ?」

楠木「はい。幕府さん、待ち合わせの場所にいなかったんですよ」

天皇「生意気だね、幕府」

楠木「そのかわり、足利さんがいましたよ」

天皇「え、足利って、足利高氏?」

楠木「はい」

天皇「敵でしょ。戦ったの?」

楠木「いや、なんか、こっちの味方になってくれるって話で」

天皇「ホント?」

楠木「はい。僕がコマネチしたら、急に『ともに幕府を倒そう』とか言い出して」

天皇「よっぽどコマネチが好きなんだね」

楠木「コマネチひとつで主君を裏切る。ある意味、大物ですよ」

天皇「でも、足利さんが味方してくれるなら心強い」

楠木「そうですね」

天皇「一気に幕府を滅ぼしちゃおう!」

西暦1333年5月。

足利高氏の協力を得た楠木正成&天皇は、ついに鎌倉幕府を滅した。

こうして、天皇中心の政治(建武の新政)が始まった。

しかし、その評判はとても悪かった。

第18話へ

楠木正成のゆるい伝記 トップへ戻る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生