楠木正成のゆるい伝記 第16話 高氏の寝返り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

西暦1333年4月。大阪府の千早城にたてこもる楠木正成と、鳥取県の船上山にたてこもる天皇は、電話で話をした。

天皇「はぁい♪」

楠木「あ、天皇さん」

天皇「武士たちをスカッと追い払ったんだって?」

楠木「えへへ。まあ」

天皇「頼もしいな~」

楠木「英雄、目指してますから」

天皇「でさ、思ったんだけど……」

楠木「はい」

天皇「このへんでちょっと幕府と話し合ってみるって、どお?」

楠木「話し合い?」

天皇「あんまり力で屈服させても、おれの評判、悪くなるしさ」

楠木「そうですね」

天皇「1回、敵に降伏をすすめてみてもいいかな~と思って」

楠木「じゃ、おれ、幕府さんと話し合ってみます」

天皇「たのむね~」

楠木正成は幕府に電話をかけた。

幕府「え、話し合い?」

楠木「はい」

幕府「なんで急に?」

楠木「あんまり戦いが長引いてもアレですよね」

幕府「アレだね」

楠木「会ってゆっくり話しませんか?」

幕府「いいけど、おれたちの会合って目立つよね。記者とかバンバン来るよ」

楠木「じゃ、変装するってのはどうですか?」

幕府「お。ちょっと面白そう」

楠木「でも、変装で相手が分からなくなったら困るから、合言葉、決めときましょう」

幕府「いいよ」

楠木「コマネチ」

幕府「は?」

楠木「これ、合言葉ね。コマネチ」

幕府「えー……」

楠木「ちゃんと動きも付けるんですよ」

幕府「うそぉ、動き、あり?」

楠木「相手がコマネチ!ってやったら、自分もコマネチ!ってやるんですよ」

幕府「わかったけど、そのかわり、裏切るのなしね」

楠木「裏切り?」

幕府「相手にだけコマネチってやらして、自分はやんないのとか、なしだよ」

楠木「もちろんですよ」

幕府「待ち合わせ場所、どうする?」

楠木「どこでもいいですよ」

幕府「じゃあ、明日の夕方、篠村で」

楠木「篠村ですね、わかりました」

幕府はさっそく変装した。

幕府「どう? 似合う?」

家臣「うわ、なんですか、そのかっこう」

幕府「田中邦衛」

家臣「は?」

幕府「(唇を突き出して)……純」

家臣「……」

幕府「ね」

家臣「いや、『ね』って」

幕府「行ってきま~す」

家臣「え~。どこ行くんですか?」

幕府「篠村。留守番たのむね~」

そのころ。足利高氏は……。

足利「うーむ。迷う」

部下「まだ迷ってるんですか?」

足利「幕府に味方すべきか、天皇方に寝返るべきか」

部下「今んとこ、『お腹痛い』っていう小3レベルの言い訳で引きこもってますけど、もう限界ですよ」

足利「そうだな」

部下「どっちに味方するか、そろそろハッキリしないと」

足利「私は幕府の家臣なので、普通に考えると、幕府に味方すべきなんだが……」

部下「はい」

足利「しかし幕府は落ち目だ」

部下「少数の楠木に手を焼いてますからね」

足利「かといって、今まで信頼してくれた幕府を簡単に裏切るわけにもいかない」

部下「困りましたね」

足利「よし、決めた」

部下「どうするんです?」

足利「やはり幕府に味方する」

部下「ではさっそく天皇&楠木チームを攻撃しましょう」

足利「だが、その前に……」

部下「はい」

足利「『今まで引きこもっててスイマセン』と幕府にひとこと謝っておこう」

部下「それがいいですね」

というわけで…

足利高氏は幕府のいる鎌倉を訪ねた。

足利「こんにちは」

家臣「おお、これはこれは、足利さん」

足利「幕府さんはいますか?」

家臣「今、外出中なんですよ」

足利「外出中?」

家臣「はい。それで、家臣の僕が留守番してるわけでして」

足利「幕府さんは、どちらへ?」

家臣「篠村へ行きました」

足利「わかりました。篠村ですね」

ここは篠村(現在の京都府亀岡市篠町)。

足利「あ、いた。探しましたよ、幕府さん」

幕府「む。楠木め、足利さんに変装したのか。うまいな」

足利「どうしたんですか、そのかっこう」

幕府「コマネチ!」(動き付き)

足利「……」

幕府「コマネチ!」(動き付き)

足利「……」

幕府「ずるい~。なんでやんないのさ~」

足利「え? え?」

幕府「裏切り者ぉ~」

足利「いや、裏切ってませんって」

幕府「裏切ったしょー」

足利「どうしようか、ちょっと迷っただけですよ」

幕府「それがもう裏切りでしょ。おればっかりにやらせて~」

足利「今から参加しますから。今から頑張ります」

幕府「もう遅いよ。怒った。おれ、帰る」

足利「あ、ちょっと……」

幕府「さいならー」

足利「嫌われた……。こうなったら、本当に裏切ってやる」

西暦1333年4月。足利高氏は篠村で幕府に反旗をひるがえした。

第17話へ

楠木正成のゆるい伝記 トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク