楠木正成のゆるい伝記 第15話 滅亡まで2ヵ月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

城を包囲してる武士たちは、ラーメン屋のおやじと口論していた。

武士「え、ぼくら、注文してませんよ」

店主「でも電話もらいましたから」

武士「朝メシ喰ったばっかで、お腹いっぱいなんすよ」

店主「じゃあ、あの電話はウソだったんですか?」

武士「ウソっていうか、電話してませんから」

店主「このウソつきー!」

武士「あ、キレた」

店主「怒った、帰る。プンプン」

一方、城の中では。

楠木「そろそろ武士さんたち、撤退するよ、きっと」

七郎「なんで?」

楠木「注文してないのに出前が届く恐怖に耐えられなくて」

七郎「そんな弱くないしょ。武士だよ、武士」

楠木「強そうな人ほど、意外に弱いんだよ」

そして。

城を包囲中の武士たちのようす。

武士1「楠木って、ぜんぜん兵力ないんでしょ?」

武士2「うん」

武士1「一気に攻めちゃうか?」

武士2「油断しないほうが、いいって」

武士1「?」

武士2「あいつ、予想外の作戦、得意だから」

武士1「予想外って?」

武士2「この前はね、熱湯攻撃してきた」

武士1「うわ、たち悪いね」

武士2「だから、油断禁物なんだよね」

武士1「……なんかさぁ」

武士2「うん」

武士1「そろそろ腹減らん?」

武士2「あ、もう昼か」

武士1「メシ喰う?」

武士2「さっきのラーメン屋に出前たのむ?」

武士1「このへんって、ほかに店ないもんね」

そして。

武士「もしもし」

店主「はい。金剛軒です」

武士「武士ですけど、出前いいっすか?」

店主「あ、さっきの武士か」

武士「はい」

店主「どうせまたウソでしょ。知らん!」

店主は電話を切った。

武士1「嫌われた……」

武士2「やばいしょ。おれら、メシ喰えないじゃん」

武士1「お腹すいたね」

武士2「これ、もしかして楠木の作戦かもよ」

武士1「なんで?」

武士2「普通、城の中にたてこもってるほうが食糧に困るもんでしょ」

武士1「うん」

武士2「でも、今回は、城を包囲してるおれたちが食糧に困ってる」

武士1「そうだね」

武士2「なんか知らんけど、おれたち、楠木の罠にハマったんだよ」

武士1「え! ぜんぜん気づかんかった!」

武士2「こうして食糧に困ってるのが、何よりの証拠」

武士1「あ、でもさ」

武士2「うん」

武士1「楠木も、食糧の補給できないよね。おれらがこうして包囲してるんだから」

武士2「そうだね」

武士1「じゃあ、楠木も腹減ってるんじゃないの?」

武士2「楠木は少数。おれたちは大軍だよ」

武士1「うん」

武士2「どっちが早く食糧が尽きるか、わかりきってるしょ」

武士1「もしかして、大軍ってことを逆手に取られた?」

武士2「うん。きっと計算ずくだよ」

武士1「楠木、すげぇ……」

武士2「じゃ、帰るか」

武士1「帰るの?」

武士2「だって、お腹空いたしょ」

武士1「うん」

武士2「早く都会に戻って、ジャンクフードとコカ・コーラ、たらふく胃に流し込もう」

武士1「そうだね」

食糧の補給路を絶たれた武士たちは、あえなく撤退した。

城の中のようす。

七郎「あ、兄ちゃん。窓の外、見て」

楠木「ん」

七郎「武士たちが撤退してくよ」

楠木「おれの読みどおりだ」

七郎「すごいね、兄ちゃん。あんなにたくさんの武士を頭脳プレーで追い払っちゃった」

楠木「さすがの武士さんたちも、間違って出前が届く恐怖に、耐えられなかったんだよ」

街のうわさ。

人々1「楠木正成vs武士の戦い、どうなるんだろうね」

人々2「え、知らないの?」

人々1「なにが?」

人々2「もう決着ついたよ」

人々1「うそぉ?」

人々2「武士が撤退したの」

人々1「武士って人数も多くて優位だったしょ」

人々2「でも、撤退したの」

人々1「なんで?」

人々2「楠木正成公式ホームページの発表によると……」

人々1「うん」

人々2「武士たちは、注文してない出前が届いて、びびったんだって」

人々1「武士、気ぃ弱いね」

人々2「おののき、慌てふためき、『ちょっと待ってくださいよぉ』と若手芸人のようなリアクションを繰り返したらしいよ」

人々1「うわ~」

人々2「情けないよね」

人々1「鎌倉幕府の武士って、そんな腰抜けだったんか~」

人々2「このぶんじゃ、鎌倉の世も長くないよ」

この事件を機に、人々の心は幕府から離れていった。

鎌倉幕府の滅亡まで、あと2ヵ月。

第16話へ

楠木正成のゆるい伝記 トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク