楠木正成のゆるい伝記 第12話 どっちが偉い?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幕府が去ったあとの楠木兄弟の会話。

七郎「幕府さん、去ってったね」

楠木「とりあえず抜け道、ふさいどくか」

七郎「そうだね」

楠木「でもさ七郎、どうする?」

七郎「どうするって?」

楠木「このまま反乱続けて、後悔しない?」

七郎「兄ちゃんについてく」

楠木「そうか。」

七郎「うん」

楠木「じゃ、履歴書、持ってきて」

七郎「書くのかよ!」

幕府のようす。

幕府「ただいま~」

家臣「もー。心配しましたよ」

幕府「今度、楠木が履歴書持って来たらさ」

家臣「はい」

幕府「就職の世話、してやって」

家臣「え、敵なのに?」

幕府「楠木がこっちに転べば、天皇勢はガタガタになる」

家臣「なるほど」

幕府「うっしっしっしっしっし」

家臣「おもしろい笑い方ですね。いいな~」

幕府「じゃあ特別にマネしていいよ」

家臣「ではお言葉に甘えて。うっしっしっしっしっし」

ここは鳥取県。

後醍醐天皇がたてこもる船上山。

天皇「さっきのニュース、見た?」

側近「見ました」

天皇「またおれのこと、バカげてるって言ってたね」

側近「言ってましたね」

天皇「天皇中心の政治って、そんなに変な夢?」

側近「どうでしょう。遠大すぎるのかも」

天皇「あんね、じつはさ、これ、おれ一人の夢じゃないんだよね」

側近「?」

天皇「死んだ父ちゃんとおれの、二人の夢でさ……」

以下、回想シーン。

今から12年前(西暦1321年)

天皇の父「くらえ、父キーック!」

天皇「うぎゃ。痛いな~」

天皇の父「息子よ。おれとおまえ、どっちが偉い?」

天皇「は?」

天皇の父「おれは天皇を引退して、現在は上皇だ」

天皇「うん」

天皇の父「おまえは現役の天皇だ」

天皇「うん」

天皇の父「どっちが偉い?」

天皇「そりゃ、政治の実権があるのは……」

天皇の父「あるのは?」

天皇「父ちゃんだよね、悔しいけど」

天皇の父「そう。西暦1086年以来、実権は上皇にある」

天皇「だからなんだよ」

天皇の父「おまえはお飾りだ」

天皇「だからなにさ」

天皇の父「父パーンチ!」

天皇「痛っ。やめろって~」

天皇の父「おれのほうが偉いんだ。文句いうな」

天皇「でもおれは現役の天皇だぞ」

天皇の父「うるさい。息子のくせに」

天皇「なんだよ、引退したくせに!」

天皇の父「よし、そこまで、ストップ」

天皇「え?」

天皇の父「と、このように、ケンカが始まったわけだが」

天皇「う、うん」

天皇の父「このケンカの原因はなんだ?」

天皇「あんただよ」

天皇の父「違う。根本の原因はべつにある」

天皇「根本の原因?」

第13話へ

楠木正成のゆるい伝記 トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク