楠木正成のゆるい伝記 第10話 幕府と武士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

話は約60年前にさかのぼる。当時の幕府と武士は、まだ仲が良かった。

幕府「えへへ。武士くん」

武士「えへへ。幕府さん」

幕府「おれたち、仲良しだね」

武士「もちろん」

幕府「おれ、かっこいい?」

武士「かっこいいっす」

幕府「例えばどこかっこいい? 言って。言って」

武士「土地くれるとこっすね」

幕府「そりゃ~きみたちが頑張って働いてくれるから、おれも土地くらいあげるさ」

武士「嬉しいっす。武士は土地が命っす」

幕府「あ、そういえば、びっくりニュース聞いたんだけど」

武士「なんすか?」

幕府「今ね、大陸のほうで大事件が起きてるらしいよ」

武士「大事件?」

幕府「モンゴル人が暴れまわってるの」

武士「うわ」

幕府「そいつらやたら強くてね、ユーラシア大陸の端から端まで征服しようとしてるの」

武士「ユーラシア大陸って?」

幕府「ヨーロッパとアジアをひっくるめた言い方」

武士「ふーん」

幕府「ヨーロッパアジア→ヨーロッパシア→ヨーラシア→ユーラシア。ね」

武士「なにそれ、ギャグ?」

幕府「いや、ギャグじゃないって」

武士「また強引に笑わせようとして」

幕府「違うって。ホントの語源だよ」

武士「どうせ昨日寝る前に考えたんでしょ。いまいち」

幕府「頼むって。違うって」

武士「でもそんなやつらが日本に攻めてきたら、怖いっすね」

幕府「たぶん来ないよ」

武士「なんで?」

幕府「日本は海に守られてるから」

武士「あ、海のむこう、見てください」

幕府「ん」

武士「大船団が来ますよ」

幕府「げっ! モンゴル軍だぁ!」

西暦1274年。モンゴルの大軍が日本に来襲した。(元寇)

幕府「モンゴルなんか、おっぱらえ~」

武士「わかりました。オリャー!」

幕府「おれも戦うぞ。オリャー!」

武士「敵、強いっすね」

幕府「おれたちも強い。がんばれ~」

武士「あ、雨だ」

幕府「うん。嵐だ」

嵐のせいで、モンゴルの大軍は海に沈んだ。

武士「勝ちましたね」

幕府「あつら、海の戦いは慣れてなかったみたいだ」

武士「はい」

幕府「おれたち、無敵のモンゴル軍を撃退しちゃったよ」

武士「日本最強っす」

幕府「モンゴルが惨敗するなんて世界的ニュースだ、こりゃ」

武士「ご褒美ください」

幕府「ん?」

武士「敵をやっつけたご褒美。土地」

幕府「今回は無理」

武士「なんでぇ?」

幕府「どうしても」

武士「今までは敵をやっつけたら、ご褒美の土地をくれてたじゃないっすかぁ~」

幕府「まあ、はなし聞けって」

武士「はい」

幕府「今までは、敵をやっつけたら、そいつの土地を奪って武士のみんなに分配してたんだ」

武士「はい」

幕府「今回は勝利したといっても、敵の土地を奪ったわけじゃない」

武士「じゃ、奪いましょう」

幕府「無理だって。海の向こうの外国だよ」

武士「えー。じゃ、ご褒美は、なし?」

幕府「仕方ないしょ。なし」

武士「給料もらえないのに命がけで戦って損した~」

幕府「まあまあ」

武士「幕府さん、大キライだ~!」

これが約60年前のできごと。

話はもどって…

西暦1333年現在。

天皇「あの時から、きみと武士ってギクシャクでしょ」

幕府「そんなことないよ」

天皇「あるよ」

幕府「ないね。お互い大人だもんね」

天皇「この戦い、おれが勝つよ」

幕府「それさ、本気で言ってるの?」

天皇「言ってる」

幕府「きみが勝つなんてね、ありえないから」

天皇「なんだと」

幕府「わかってると思うけど、きみには軍事力がない」

天皇「ま、まあね。気合はあるけど」

幕府「幕府の圧倒的軍事力に、どう対抗する?」

天皇「うぅ……」

幕府「気合だけじゃ、歴史は動かないんだよ」

ふたりは電話を切った。

そして。幕府は……。

家臣「あれ、幕府さん、お出掛けですか?」

幕府「うん」

家臣「どこ行くんです? そんな庶民っぽいカッコして」

幕府「楠木に会ってくる」

家臣「楠木って、あの?」

幕府「うん。あの」

家臣「彼は、敵じゃないですかぁ!」

幕府「いってきまーす」

第11話へ

楠木正成のゆるい伝記 トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク