楠木正成のゆるい伝記 第9話 60年前のあの事件

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

というわけで。楠木正成はふたたび天皇の反乱を手伝うことになった。

七郎「でもさ、兄ちゃん」

楠木「うん」

七郎「勝算あるの?」

楠木「ある」

七郎「でもこっち兵力ないじゃん」

楠木「あ、兵力はね、いらん」

七郎「?」

楠木「兵力なしで勝つ方法、発見したんだ」

幕府のようす。

家臣「幕府さん」

幕府「ん」

家臣「また反乱です」

幕府「またぁ?」

家臣「はい」

幕府「またあの天皇?」

家臣「あと、楠木も」

幕府「じゃあ、また足利さんに鎮圧してもらうか」

家臣「でもそれ、無理っすわ」

幕府「どして?」

家臣「一応さっきお願いしてみたんすよ、足利さんに」

幕府「うん。したら?」

家臣「ヤダって」

幕府「え。断わられた?」

家臣「はい」

幕府「なんで?」

家臣「お腹痛いって」

幕府「言い訳が小3だ」

家臣「どうします?」

幕府「じゃ、他の武士に頼むしかないよね」

家臣「あ、幕府さんのケータイ、鳴ってますよ」

幕府「お。ホントだ」

幕府はケータイに出た。

幕府「もしもし、幕府です」

天皇「よぉ」

幕府「だれ?」

天皇「おれおれ、天皇」

幕府「天皇? 敵でしょ」

天皇「敵だけど電話しちゃいました~」

幕府「なにさ」

天皇「一応、反乱のごあいさつ」

幕府「そんなのいらんて」

天皇「またあれなの? 足利高氏が鎮圧に来るの?」

幕府「いや、それね、違うんだよね」

天皇「ほう」

幕府「足利さんに反乱の鎮圧、お願いしたんだけどさ、断わられちゃって」

天皇「マジ?」

幕府「マジ」

天皇「どうすんのさ」

幕府「いや、だれか他の武士に鎮圧してもらうよ」

天皇「鎮圧しないっていう手もあるしね」

幕府「ないけどね」

天皇「でもさぁ、他の武士が、きみのために本気で戦ってくれるかな」

幕府「どういうこと?」

天皇「だって、幕府と武士ってけっこうギクシャクしてるよね」

幕府「してないって」

天皇「してるしょ、あの事件以来」

幕府「あの事件?」

天皇「60年前のあの事件」

幕府「……」

天皇「日本史に残る大事件だったよね、あれ」

幕府「いや、世界史かもよ」

天皇「そうだね」

幕府「あんまり、思い出したくないけど」

天皇「あの日から、幕府と武士の関係は崩壊したんだよ」

第10話へ

楠木正成のゆるい伝記 トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク