楠木正成のゆるい伝記 第8話 天皇の夢

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここは金剛山。

楠木「ジャーン。ここがおれの秘密基地」

七郎「ここが?」

楠木「うん」

七郎「なんもないしょ」

楠木「いや、よく見て」

七郎「?」

楠木「湧き水あるしょ。湧き水」

七郎「そんだけ?」

楠木「基地のほかに、水のみ場もかねてるんだよね、ここ」

七郎「むしろただの水のみ場だけどね」

楠木「でも、ここに隠れてれば安全だよ」

七郎「そうかなぁ」

楠木「山奥だし、水には困んないし」

七郎「水があるってことは、人が集まるってことだよ」

楠木「あ、そっか」

七郎「すぐ見つかっちゃうよ」

楠木「じゃあ、隠そう」

七郎「え?」

楠木「湧き水の周りに壁作ってさ、隠そう」

そして。

楠木「壁、作ったのはいいけど……」

七郎「うん」

楠木「逆に目立つね」

七郎「うん」

楠木「あ、わかった」

七郎「なに?」

楠木「この壁を、さらに壁で隠そう」

そして。

楠木「やばい! どんどん目立ってく!」

七郎「なんか城みたくなっちゃったね」

こうして千早城(ちはやじょう)が完成した。

七郎「兄ちゃん。ケータイ鳴ってるよ」

楠木「あ、天皇さんからだ。ハイもしもし」

天皇「もしもし。天皇でーす。元気?」

楠木「元気っすよ。天皇さんは大丈夫なんすか?」

天皇「なにが?」

楠木「だって、捕われの身でしょ?」

天皇「そんなのね、もうサクッと脱出した」

楠木「え。で、今どこ?」

天皇「鳥取県の山」(船上山)

楠木「山?」

天皇「立てこもってるの。また反乱起こそうと思って」

楠木「反乱、好きっすね~」

天皇「反乱好きっていうか、権力欲しいんだよね」

楠木「ああ、なるほど」

天皇「知ってると思うけど、おれって勉強家でしょ」

楠木「いや、わかんないっすけど」

天皇「勉強家なんだよね」

楠木「はい」

天皇「でさ、中国の歴史とかも勉強してるわけさ」

楠木「すごいですね」

天皇「ちょっと、中国トークしていい?」

楠木「いいですよ」

天皇「中国にね、むかし、宋(そう)っていう国があったんだ」

楠木「そう」

天皇「その国、中国の歴史で一番かっこ良くてさ」

楠木「なんで?」

天皇「皇帝が、すげぇデカイ権力持ってるの」

楠木「ほぉ~」

天皇「いわゆる、専制君主制」

楠木「ふむふむ」

天皇「そのわりに汗臭くなくて、文化の香りプンプンだし」

後醍醐天皇は中国の宋学を学んでいた。

その影響で、天皇が絶大な権力を持って直接政治を行う体制を理想としていた。

天皇「ね。いい国でしょ、宋って」

楠木「いいっすね。わかんないけど」

天皇「おれ、日本をそんな国にしたいのさ」

楠木「おぉ~」

天皇「つまり、おれが専制君主になるってことね」

楠木「一人で権力を握るんですね?」

天皇「うん。だから幕府はジャマなの。権力者はおれだけでいいの」

楠木「なるほど」

天皇「というわけで、また反乱を起こすんだ」

楠木「エネルギッシュですね」

天皇「また手伝って」

楠木「反乱をですか?」

天皇「うん。英雄、目指してるんでしょ?」

楠木「でもこの前けっこうボロ負けだったんで……」

天皇「リベンジ、リベンジ」

楠木「……わかりました。やりましょう」

天皇「よし!」

楠木「今度こそ、英雄になりますよ」

西暦1333年。リベンジ開始。

第9話へ

楠木正成のゆるい伝記 トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク