織田信長 誰がなんと言ってもやる!という思いは人の心に響く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

織田信長が戦国武将としてはまだホヤホヤのルーキーだったころの話です。

仲間内のある城主が、敵に寝返りました。

ほとんどの仲間たちは、見て見ぬふりをしました。

しかし信長は黙っていませんでした。

スポンサーリンク

戦いには負けたけど

信長はわずかな兵を率いて、裏切り者に戦いをいどみました。

裏切り者は、信長の2倍近い兵力をもっています。

それでも信長は戦いをいどみました。

結果は、信長の負けでした。負けはしましたが…

この際、勝ち負けは問題ではありませんでした。

信長のスゴイところは、行動を起こしたことです。

存在感が大きくなった

だれも味方してくれなくても行動を起こしました。

どんなに勝ち目がなくても行動を起こしました。

だれが何と言ってもやる、という強い意志がありました。

この戦い、負けはしましたが、信長の存在感は格段に大きくなりました。

負けてなお、大きくなる不思議。誰が何と言ってもやる!という思いは、人の心に響くんですね。

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ