楠木正成のゆるい伝記 第7話 滅亡まで3ヵ月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

楠木のアパートを包囲した幕府軍は……。

足利「突撃~!」

部下「オーッ!」

足利「楠木を捕らえろ~」

部下「あれれ?」

足利「どうした?」

部下「部屋には誰もいません」

足利「む。本当だ」

部下「逃げられたみたいっすね」

逃走中の楠木兄弟のようす。

楠木「いや~。ギリギリ脱出」

七郎「あぶなかったね」

楠木「でもさ、幕府軍が来るって、なんでわかった?」

七郎「ビデオ屋で会員証見せた時点で、ヤバイと思ったの」

楠木「そっか」

七郎「で、どうする、これから」

楠木「おれの秘密基地に来る?」

七郎「そんなのあるの?」

楠木「内緒だよ。やたら内緒ね」

七郎「うん。どこ?」

楠木「あんね、金剛山」

楠木兄弟は金剛山に向かった。伝説が、そこで生まれる。

ここは隠岐。(天皇が幽閉されている島)

天皇「やぁ。見張りくん」

見張り「こんにちは。天皇さん」

天皇「きみ、おれを見張ってるの?」

見張り「はい。この島から逃げないように」

天皇「ねぇ、そこにある船さ、本州行き?」

見張り「そうですよ」

天皇「乗っていい?」

見張り「ダメですよ~」

天皇「なんでさ」

見張り「あの船に乗ったら、島から脱出できちゃうじゃないですかぁ」

天皇「おれね、じつは、天皇じゃないんだ」

見張り「今さらそんな……」

天皇「一般の客だから、乗っていい?」

見張り「証拠は?」

天皇「え」

見張り「天皇じゃないっていう証拠、あります?」

天皇「証拠っていうか、ほら、おれ、どことなく品がないしょ」

見張り「う~ん」

天皇「あ、じゃあ、変な顔してあげるか?」

見張り「変な顔?」

天皇「天皇って普通、変な顔しないしょ」

見張り「そうですね」

天皇「いくよ。見ててね」

見張り「うわっ!(汗)」

天皇「ね。放送禁止でしょ」

見張り「は、はい」

西暦1333年閏2月。後醍醐天皇は隠岐を脱出した。

鎌倉幕府のようす。

家臣「あ、そういえば、幕府さん」

幕府「ん」

家臣「あの話、ききました?」

幕府「あの話って?」

家臣「楠木正成を取り逃がしたって話」

幕府「うそぉ? 聞いてない」

家臣「逃げられたんですって」

幕府「なんで早く言わんのさ!」

家臣「だって怒るしょ。言いづらくて」

幕府「怒るけどさー。もー」

家臣「それと、言いづらいついでで、なんですけど」

幕府「まだあるの?」

家臣「天皇関係で、ちょっと」

幕府「なに?」

家臣「天皇が脱出っぽいこと、したそうです」

幕府「脱出っぽいこと?」

家臣「はい」

幕府「脱出ではないの?」

家臣「いや、脱出したんですけど」

幕府「じゃあ『っぽい』いらんしょ」

家臣「脱出ってそのまま言ったら、怒られると思って」

幕府「そんなのいいから、早く教えてよ!」

家臣「怒られた……」

鎌倉幕府滅亡まで、あと3ヵ月。

第8話へ

楠木正成のゆるい伝記 トップへ戻る

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク