楠木正成のゆるい伝記 第4話 赤坂城の攻防

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

第二基地(赤坂城)は、鎌倉幕府の大軍に包囲された。

七郎「兄ちゃん、やばいよ。囲まれたよ」

楠木「うん。日本で一番囲まれてるね」

七郎「敵の矢、がんがん飛んでくるんですけど」

楠木「ふふふ」

七郎「なにその笑い」

楠木「世に言う、不敵な笑みだよ」

七郎「いい作戦あるの?」

楠木「敵が弓矢なら、こっちは、これだ!」

七郎「おお、それは!」

楠木「鉄砲」

七郎「すげぇ」

楠木「しかも水鉄砲」

七郎「大人が持つもんじゃないよ」

楠木「対象年齢5歳以上。おれ、37歳。セーフ」

七郎「……」

楠木「ははは。冗談だよ」

七郎「こんなときに」

楠木「こんなときだからだよ」

七郎「なんだそれ」

楠木「どんな大ピンチのときでも、冗談のひとつくらい言えなきゃね」

七郎「うん。まあね」

楠木「じゃなきゃ、英雄になんてなれないよ」

七郎「それはいいけど、この大軍、どうやってやっつける?」

楠木「これを使う。きのう買った本」

七郎「なんの本?」

楠木「『必勝!戦術ハンドブック』1,400円。税別」

七郎「おぉ。お手軽に勝てそうだ!」

楠木「じゃあ、読むよ」

七郎「読んで読んで~」

楠木「必勝の法則その1」

七郎「うん」

楠木「自分より強い敵とは戦わないこと」

七郎「……」

楠木「……」

七郎「もう、戦っちゃってるね」

楠木「幕府軍はおれより弱い!」

七郎「今さら自分に言い聞かせても」

楠木「七郎」

七郎「はい」

楠木「お湯をわかせ」

七郎「は?」

楠木「お湯」

七郎「なんで?」

楠木「幕府軍を叩きのめす。こいつで」

七郎「その、水鉄砲で?」

楠木「いや、お湯鉄砲で」

赤坂城を包囲している足利高氏(幕府軍)のようす。

部下「あちっ。あちっ~」

足利「どうした?」

部下「お湯が降ってきます、お湯」

足利「お湯?」

部下「熱湯です。あちっ」

足利「むむ。本当だ。熱い。……うわ、あっちぃ!」

部下「ね」

足利「しまった!」

部下「どうしました?」

足利「『あっちぃ!』などというブロークンな言葉を口にしてしまったぁ!」

部下「大丈夫ですよ、そのくらい」

足利「もうエリートとしてやっていけない!」

部下「そんなことないです。落ち着いて」

足利「破滅だぁ!」

部下「とりあえず退却しましょう、ね」

足利「破滅だぁ!」

赤坂城の攻防戦において、楠木正成は熱湯を武器にするという奇策を用い、幕府軍を苦しめたという。

赤坂城のようす。

七郎「幕府軍、ちょっと撤退したね」

楠木「すげぇ、おれマジ天才かも」

七郎「一気に幕府軍に追い討ちをかけよう」

楠木「あわてるな。まずハンドブックを読もう」

七郎「そうだね」

楠木「必勝の法則その2」

七郎「なんて書いてあるの?」

楠木「つねに敵の意表をつくこと、だってさ」

七郎「意表っていってもねぇ」

楠木「七郎」

七郎「はい」

楠木「ライターある?」

七郎「あるよ。どうぞ」

楠木「さんきゅう」

七郎「あ、わかった。火攻め?」

楠木「甘~い」

七郎「違うのか」

楠木「まず新聞紙に火をつけて……」

七郎「やっぱ火攻めでしょ?」

楠木「床に捨てる。ポイ」

七郎「……」

楠木「……」

七郎「部屋、燃えてるけど大丈夫?」

楠木「普通、火攻めってさ、敵を攻撃するしょ」

七郎「あたりまえじゃん」

楠木「でもおれ今回、自分を攻撃してみた」

七郎「はぁ?」

楠木「どう? 意表ついてる?」

七郎「……」

西暦1331年10月。

楠木正成は自らの城に放火した。

赤坂城は炎上した。

第5話へ

楠木正成のゆるい伝記 トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク