楠木正成のゆるい伝記 第3話 敵の心理を読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここは反乱の第二基地、赤坂城。

兵士「あー、楠木さん」

楠木「はい」

兵士「手ぇあいてる?」

楠木「え」

兵士「ちょっとさ、玄関の靴ならべといてくれない?」

楠木「靴?」

兵士「みんな脱ぎ散らかしてグチャグチャなのさ。頼むね」

楠木「……」

その夜。

楠木正成は弟の七郎(楠木正季)に電話をかけた。

楠木「おれ、今、反乱軍にいるんだけどさ」

七郎「えっ。兄ちゃん、そんなことやってるの?」

楠木「就職、なくて」

七郎「大変だね」

楠木「一応、第二基地のリーダー」

七郎「すげぇ」

楠木「でさ、ちょっと手伝ってくんねぇかな」

七郎「反乱を?」

楠木「人手が足りなくて」

七郎「そんなに足りないの?」

楠木「だっておれ、リーダーの仕事できてないもん」

七郎「そっかぁ」

楠木「今のおれ、玄関の靴ならべ係だからね」

七郎「リーダーのメーンの仕事がそれ?」

楠木「うん」

七郎「すぐ鎮圧されるね、すぐ」

楠木「でしょ。だから手伝ってよ。友達もガバッと誘ってさ」

七郎「わかった」

こうして七郎(楠木正季)とその仲間たちが赤坂城に合流した。

赤坂城での、楠木正成と七郎の会話。

楠木「参加、サンキュー」

七郎「しかしまたムチャなこと始めたね」

楠木「おれ、これで英雄になるから、よろしく」

七郎「敵の数は?」

楠木「10万くらいだってさ」

七郎「で、兄ちゃんの兵力は?」

楠木「1000人ちょいかな」

七郎「確実にボロ負けでしょ」

楠木「ふふふ。ここで負けるようじゃ、英雄にはなれないよ」

七郎「すごい自信」

楠木「作戦、聞きたい?」

七郎「うん」

楠木「戦いはまず、敵の心理を読むことだよ」

七郎「というと?」

楠木「敵は、ここには攻めてこない」

七郎「なんで?」

楠木「この赤坂城って、一応は第二基地とかいってるけど……」

七郎「うん」

楠木「正直、ちっぽけなどうでもいい基地でしょ」

七郎「そうだね」

楠木「敵は、こんな小さい城よりも、第一基地のほうを優先して攻めると思うんだよね」

七郎「第一基地って、天皇さんのいるとこだよね」

楠木「うん」

七郎「で、作戦ってのは?」

楠木「敵が第一基地を攻撃してるすきに、おれは……」

七郎「うん」

楠木「敵の背後にこっそり回りこんで、ドカーン!と攻める」

七郎「すげぇ!」

楠木「敵、きっとびびるよ」

七郎「総崩れだね」

楠木「ね、完璧でしょ?」

七郎「完璧」

楠木「孔明って呼んで。ザ・孔明って呼んで」

七郎「あえて主力部隊をオトリにするあたり、大胆でいいし」

楠木「でしょ? でしょ?」

七郎「でもさ」

楠木「うん」

七郎「敵がいきなりこっちに攻めてきたら、どうするの?」

楠木「……」

そこへ仲間の兵士が現れた。

兵士「兵士です。ご報告します」

楠木「うん」

兵士「敵が第一基地を包囲しました」

楠木「そうか。読みどおりだ」

兵士は去った。

楠木「ほらね~」

七郎「すげぇ。兄ちゃんの言ったとおりだね」

楠木「だからおれ天才なんだって~」

七郎「じゃ、さっそく敵の背後に回り込む?」

楠木「うん。敵が第一基地に夢中になってるすきにね」

兵士が現れた。

兵士「兵士です。ご報告します」

楠木「うん」

兵士「敵軍は第一基地をあっさり攻略し……」

楠木「え」

兵士「天皇さんを捕虜にし……」

楠木「え」

兵士「ものすごいスピードでこちらに向かってます」

兵士は去った。

七郎「兄ちゃん、やばいじゃん」

楠木「う、うん」

第4話へ

楠木正成のゆるい伝記 トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク